火星の大元帥カーター

エドガー・ライス・バローズ 著 ; 小笠原豊樹 訳

デジャー・ソリスを拉致した悪辣な敵を追ってカーターの戦いは続く。火星の南極から赤道直下の密林国ケオールへ、さらには極寒の北極に住む黄色人の国へ。カーターは子午線沿いに火星を縦断する。猛毒を持つ巨大なスズメバチ、雪原の腐肉の洞窟に住み、六本の手足を持つ巨獣アプト。そして、雪と氷のただなかに浮かぶ、ガラスのドームに覆われた温室国家、強力な磁力を秘めた聳え立つ円柱。バローズの想像力は詩と科学をあざなうように物語を押し進めていく。はたして火星に平和は訪れるのか。ここに、「ジョン・カーター」シリーズは感動の大団円を迎える。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火星の大元帥カーター
著作者等 Burroughs, Edgar Rice
小笠原 豊樹
Burroughs E.R.
バローズ エドガー・ライス
書名ヨミ カセイ ノ ダイゲンスイ カーター
書名別名 THE WARLORD OF MARS
シリーズ名 火星シリーズ 3
小学館文庫 3
出版元 小学館
刊行年月 2012.5
ページ数 311p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-09-408719-2
NCID BB09306951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22070730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想