文は人なり : 樗牛文篇

高山樗牛 著 ; 姉崎正治 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一期 憧憬の時代(明治二十四年より同三十年六月まで) / 1
  • 人生終に奈何(廿四年六月) / 3
  • 吾が妹の墓(廿四年) / 6
  • 雪中梅(廿四年) / 11
  • 今様三首 敦盛、忠度、小督(廿四年) / 11
  • バイロンの詩(廿五年十二月) / 14
  • 傷心録(廿六年六月) / 15
  • 消息(一)(廿七年九月十九日、弟良太へ) / 19
  • 消息(二)(廿七年九月廿四日、弟良太へ) / 21
  • 消息(三)(廿七年十月九日、弟良太へ) / 22
  • 消息(四)(廿七年十二月卅日、実父へ) / 23
  • 亡弟良太病中書翰の首に書す(廿八年一月) / 24
  • 近松巣林子が人生観(廿八年二月) / 26
  • 理想と現実(廿八年八月) / 50
  • 消息(五)(廿九年二月十八日太田叔母へ) / 53
  • 消息(六)(廿九年二月十九日、藤井氏へ) / 55
  • 一葉女史の『たけくらべ』(廿九年五月) / 56
  • 天然と田舎(廿九年六月) / 60
  • フヰデアスのツォイス像(廿九年七月) / 61
  • 市川新蔵(廿九年七月) / 66
  • 情死(廿九年八月) / 70
  • 田山花袋の『わすれ水』(廿九年九月) / 74
  • わがそでの記(卅年六月) / 81
  • 第二期 自信の時代(明治三十年六月より同三十三年六月まで) / 103
  • 成敗と正義(卅年八月) / 105
  • 厚積薄発(卅年十月) / 106
  • 冷鉄のひびき(卅年十月) / 107
  • 士の徳操(卅年十一月) / 107
  • 詩の力(卅年十一月) / 110
  • 無題(卅年十二月) / 112
  • 無題(二)(卅年十二月) / 114
  • 送年の辞(卅年十二月) / 115
  • 仏陀の決心(卅一年一月) / 117
  • 仏陀の出城(卅一年一月) / 124
  • 仏陀の入滅(卅一年一月) / 130
  • 死学者(卅年十二月) / 133
  • 死学者と守銭奴(卅一年三月) / 136
  • ワルト・ホィツトマン(卅一年五月) / 138
  • たそがれの辞(卅一年七月) / 157
  • 罪悪の首府(卅一年九月) / 165
  • 寧ろ民を愚にせん乎(卅一年九月) / 166
  • 歴史画題論(屈原)(卅一年十一月) / 167
  • 逐客康有為(卅一年十二月) / 175
  • 無趣味の社会(卅一年十二月) / 177
  • 秋色(卅一年十月) / 181
  • 歳暮(卅一年十二月) / 181
  • 詩歌の所縁とその対象(卅二年二月) / 183
  • 日本主義と大文学(卅二年四月) / 187
  • 詹々録(卅二年五月、六月) / 190
  • 恐ろしき沈黙(卅二年六月) / 196
  • 悪を憤るもの(卅二年九月) / 197
  • 最も危険なる思想(卅二年九月) / 198
  • 無題(卅二年九月) / 198
  • 詹々録(秋の色)(卅二年九月) / 199
  • 歴史画の本領及び画題(卅二年十月) / 200
  • 月夜の美感(節録)(卅二年十一月) / 205
  • 世と馬(卅二年十一月) / 223
  • 虚栄の世(卅二年十一月) / 223
  • ソロモンの栄華(卅二年十一月) / 224
  • 詩人菅公(卅三年三月) / 225
  • 第三期 煩悶の時代(明治卅三年半頃より同卅四年十月まで) / 239
  • 美感に就いての観察(余論の終り)(卅三年五月) / 241
  • 海の文芸(節録)(卅三年六月) / 242
  • 消息(七)(卅三年十一月十九日姉崎へ) / 244
  • 消息(八)(卅三年十一月十九日、弟信策へ) / 245
  • 無題集(卅四年一月) / 246
  • 平家雑感(卅四年四月) / 252
  • 消息(九)(卅四年三月廿四日、姉崎へ) / 271
  • 姉崎嘲風に与ふる書(卅四年五月) / 272
  • 清見寺の鐘声(卅四年五月) / 283
  • 思ひ出の記(卅四年五月) / 288
  • 乙羽兄を憶ふ(卅四年六月) / 295
  • 芸術(卅四年七月) / 299
  • 土井晩翠を送る(卅四年七月) / 300
  • 無題集(卅四年八月) / 301
  • 美的生活論(結論)(卅四年八月) / 305
  • 天才の歎美(卅四年十月) / 308
  • 天下第一傷心事(卅四年十月) / 308
  • 西画解題(卅五年) / 318
  • 第四期 渇仰の時代(明治三十四年十一月より同卅五年十二月長逝まで) / 345
  • 天才の出現(卅五年十一月) / 347
  • 消息(一〇)(卅四年十一月十五日、ライプチヒなる姉崎へ) / 351
  • ニーチェの歎美者(卅四年十一月) / 361
  • 自然の児(卅四年十二月) / 362
  • 中江兆民居士(卅五年一月) / 368
  • 教科大学(卅五年一月) / 370
  • 郷里の弟を戒むる書(卅四年十二月) / 371
  • 猶多放言(卅五年一月) / 377
  • 麺包を求めて石を得たり(卅五年一月) / 380
  • 吾が好む文章(卅五年二月) / 383
  • 消息(一一)(卅五年四月三日、山川氏へ) / 384
  • 古き真理(卅五年五月) / 385
  • 消息(一二)(卅五年八月十七日、姉崎へ) / 389
  • 文芸雑談(卅五年八月) / 397
  • 正岡子規(卅五年十月) / 401
  • 消息(一三)(卅五年九月廿八日、山川氏へ) / 402
  • 消息(一四)(卅五年十月二日、姉崎へ) / 404
  • 消息(一五)(卅五年十月卅日、笹川氏へ) / 407
  • 無題集(卅五年十一月) / 409
  • 況後録(卅四年十二月) / 412
  • 附録 性格の人高山樗牛 / 431

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文は人なり : 樗牛文篇
著作者等 姉崎 正治
高山 樗牛
書名ヨミ ブン ワ ヒト ナリ : チョギュウ ブンペン
出版元 博文館
刊行年月 明45.1
版表示 20版
ページ数 478p
大きさ 19cm
NCID BA31901909
BA4562513X
BA61413937
BB09059783
BN06096584
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41011602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想