筆のしづく

大町桂月 著

[目次]

  • 目次
  • 闇夜 / 1
  • 酒頌 / 3
  • 九十の春光 / 5
  • 夏の虫 / 11
  • 峠の茶屋 / 14
  • 森かげの烟 / 14
  • 雑感録十五則 / 15
  • 水戸観梅 / 20
  • 利根川の一日 / 25
  • 鹿島詣 / 34
  • 関東の梅 / 39
  • 馬野山 / 42
  • 切々録七則 / 46
  • 日本の武士 / 49
  • 放言廿二則 / 76
  • 当代文章の弊 / 81
  • 独醒録五則 / 85
  • 我が国道徳の過去及び将来 / 87
  • 武士道鼓吹に就いて / 103
  • 日本人の一大欠点 / 106
  • 乞食根性の養成 / 107
  • 学生風紀根治策 / 110
  • 文学と教育 / 112
  • 文字と教育 / 115
  • 教員の罪 / 117
  • 人爵なる哉 / 118
  • 趣味の堕落 / 119
  • 世の閑却せる一大教育者 / 122
  • 所謂勿れ主義 / 123
  • 学制の罪 / 126
  • 得手勝手なる政府 / 127
  • 独酔録十一則 / 127
  • 盲評録四則 / 133
  • 美的生活とは何ぞや / 134
  • 裸体画 / 145
  • 趣味低き社会 / 150
  • 宗教哲学及び科学 / 153
  • 余の無妻主義 / 157
  • 佐保姫 / 166
  • 当代の芸術 / 169
  • 明治文壇の奇現象 / 171
  • 文章と人物 / 174
  • 一山百文 / 176
  • 山中鹿介公の画像に題す / 177
  • 樗牛の一生 / 179
  • 芸術主義 / 190
  • 文芸と人生 / 196
  • 皇室と文芸 / 203
  • 文芸の峠 / 206
  • 混沌時代 / 207
  • 今の読者 / 209
  • 漏斗文士 / 209
  • 引用病 / 210
  • 難渋病 / 211
  • 博識病 / 212
  • 海の文学 / 213
  • 文学と年齢 / 215
  • 酒と恋と文芸 / 219
  • 遊戯としての文芸 / 221
  • 小説の材料としての狭斜 / 225
  • 明治の音楽界 / 229
  • 書物の声 / 234
  • 著作界の傾向 / 237
  • 内容と外形 / 238
  • 無宗教国の文芸 / 239
  • 国語問題 / 242
  • 再び国語問題に就きて / 250
  • 落合直文先生を哭す / 254
  • 落合先生と国文教育 / 258
  • 萩舎遺稿を評す / 263
  • 尾崎紅葉を弔ふ / 265
  • 斉藤緑雨を弔ふ / 267
  • 文士の社交 / 270
  • 単文録 / 274
  • 水の美 / 275
  • 関東の野 / 281
  • 冬の榛名山 / 285
  • 歴史と日本国 / 301
  • 項羽の一生 / 303
  • 今の戦争 / 335
  • 社交の要件 / 336
  • 人種の争 / 339
  • 論争に就きて / 341
  • 自殺 / 344
  • 死生観 / 347
  • 単言録 / 351
  • 東西の宗教 / 352
  • 主義の押売 / 353
  • 冥途手紙 / 357
  • 笊碁の譬 / 361
  • 恋愛と結婚 / 362
  • 花柳界の女性 / 370
  • 後家 / 372
  • 酒税 / 375
  • 雨の日曜 / 376
  • 柏木の閑居 / 378
  • 余の処世観 / 385
  • 青年時代の危機 / 392
  • 節を折る / 397
  • めらぬ気象 / 399
  • 入格と出格 / 401
  • 夜の村店 / 404
  • 雨の高田 / 407
  • 山路愛山を戒む / 420
  • 常陸山に与ふ / 426
  • 桜草 / 432
  • 中野の塔 / 439
  • 花の電車 / 443
  • 忘れられたる古典 / 449
  • 因業爺論 / 455
  • 文章としての漢文の価値 / 459
  • 嗚呼危い哉 / 465
  • ゆく春 / 469
  • 作文雑感 / 472
  • 国文研究の範囲 / 479
  • 夜の電車 / 485
  • 我国の上古と支那の上古 / 488
  • 御妻法 / 515
  • 女子の運命 / 522
  • 徳富蘇峰に就いて / 535
  • 土陽美術会 / 540
  • 人間の解剖 / 547
  • 月の隅田川 / 558
  • 笊碁の解 / 562
  • 塩原の山水 / 568
  • 梅の東京 / 609
  • 桜の東京 / 610
  • 樹木の東京 / 611
  • 雛鶯 / 613
  • 鶏の闘 / 613
  • 池の鯉 / 614
  • 六歳の子 / 615
  • 昼の木兎 / 615
  • 沈む日 / 616
  • 病院町と学校町 / 617
  • 手洗水 / 617
  • 女子の学問 / 618
  • 当代の碁壇 / 619
  • 金の世 / 619
  • 財を聚むる者 / 620
  • 寒山の詩と金 / 622
  • 尾崎紅葉の句 / 625
  • 正岡子規の句 / 626
  • 鴎外訳の父 / 627
  • 酒と支那の詩人 / 627
  • 酔中の小栗風葉 / 628
  • 東郷坂 / 628
  • 七十七の賀 / 629
  • 春の大雪 / 630
  • 少年の大食 / 631
  • 頼朝の死 / 633
  • 美人と美人 / 634
  • 不具の美人 / 634
  • 薔薇の花 / 635
  • 五円と十円 / 636
  • 女の白き脛 / 637
  • 冬の炭と夏の炭 / 637
  • 電車の中 / 638
  • 歌人の小出粲翁 / 638
  • 蒲焼と牡蠣船 / 639
  • 理想の住居 / 640
  • ロセツタホテル / 641
  • 花の愛 / 642
  • 勝伯の親戚 / 642
  • 牛込の酒楼 / 642
  • 八坂の塔 / 643

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 筆のしづく
著作者等 大町 桂月
書名ヨミ フデ ノ シズク
書名別名 Fude no shizuku
出版元 公文書院
刊行年月 明44.4
版表示 増訂
ページ数 644p
大きさ 16cm
NCID BA70364763
BN14720819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41011594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想