ろびんそんくるそう : 奮闘美談

ダニエル・デフヲー 著 ; 学窓余談社 訳

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一段 父母の慈愛深き教訓に背き 海洋に航して蛮人に捕へらる / 21
  • 第二段 辛うじて奴隷の境遇を脱し 一船長に救はれて農夫と為る / 36
  • 第三段 船舶を艤して遥に亜弗利加に志し 途中颶風に逢ふて孤島に漂着す / 60
  • 第四段 土地を相して住居を経営し 役々として自衛の計を立つ / 84
  • 第五段 地震に遇ふて百日の功を空うし 病にかかりて救済の真義を悟る / 109
  • 第六段 心機一転して永住の覚悟を定め 三年の春を迎へて季節の変化を知る / 138
  • 第七段 器具の製作に歳月の過ぐるを忘れ 身を孤舟に托して万死に一生を得たり / 169
  • 第八段 生存の為めに努力して人生の真義を悟り 人の足跡と骸骨を見て蛮人の来襲を恐る / 204
  • 第九段 蛮人の防禦に苦心して殺戮の非を悟り 復びその襲撃を決して蛮人容易に来らず / 237
  • 第十段 孤島脱出のために一僕を得んと欲し 希望空からず遂にフライデイを得たり / 284
  • 第十一段 忠僕の談話を聴きて渡海の意を決し 更に二人の従者を得て益脱出を計る / 322
  • 第十二段 脱出の策を講じて万一の僥倖を頼み 機縁漸く熟し故郷に向て纜を解く / 357
  • 第十三段 三十五年を経て始めて故郷に帰り 旧友を訪問して帰路奇難に遭ふ / 404
  • 第十四段 山中狼軍に襲はれて万死に一生を拾ひ 再び故郷に帰りて家庭に居ること七年 / 423
  • 第十五段 再挙の雄志遂に禁じ難く 途上逆風に遭ふて難船を助く / 445
  • 第十六段 航海の途上再び難船を助け 素願を達して我領土に着す / 472

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ろびんそんくるそう : 奮闘美談
著作者等 Defoe, Daniel
学窓余談社
書名ヨミ ロビンソン クルーソー : フントウ ビダン
出版元 春陽堂
刊行年月 明44.1
ページ数 719p
大きさ 22cm
NCID BA83376062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41011588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想