したわらび : 紀行漫筆

大和田建樹 著

[目次]

  • 目次
  • 山桜 / 1
  • 西の窓 / 4
  • 女の童 / 7
  • 去年の夏 / 7
  • いちご / 9
  • 蚊屋 / 9
  • 開けぬ頃 / 11
  • 道成寺 / 14
  • 金平糖 / 15
  • 唐人笛 / 18
  • 御賞賜 / 20
  • 涼しき蔭 / 21
  • 十二社の滝 / 22
  • 赤間が関 / 23
  • 茄子 / 24
  • 団扇 / 24
  • 丸盆 / 25
  • 鯛 / 26
  • 涙 / 27
  • オルガン / 28
  • 煎餅 / 29
  • 下駄 / 30
  • 信心 / 31
  • よその落花 / 31
  • 馬の脊越 / 32
  • 栄螺 / 32
  • 唱歌 / 33
  • 庚申堂 / 34
  • 釣瓶 / 35
  • 赤茄子 / 35
  • 時の太皷 / 37
  • 城 / 38
  • 潮音寺 / 39
  • 花葵 / 40
  • 六角堂 / 41
  • 新年梅(長歌) / 42
  • 歌の会 / 45
  • 古新聞 / 46
  • 夏橙 / 47
  • 氷水 / 48
  • カステーラ / 49
  • 挽茶 / 50
  • 松葉牡丹 / 52
  • 八幡宮 / 53
  • 蛍 / 53
  • 紫陽花 / 55
  • 夏海棠 / 56
  • 白羽の蝶 / 57
  • 蜻蛉 / 57
  • 夏の食味 / 58
  • 桜の宝 / 59
  • 茶碗 / 59
  • おさん狸 / 60
  • 馬車 / 61
  • 猫に冠 / 62
  • 時計の針 / 63
  • 遠征のいろは / 65
  • 小児の写真 / 65
  • 筏 / 66
  • 張物板 / 66
  • 花簪 / 67
  • 梅の実 / 68
  • 村雨 / 68
  • 新茶 / 69
  • マツチ / 69
  • 伊予神楽(長歌) / 70
  • 宝丹 / 74
  • 石鹸 / 75
  • 癖 / 75
  • 味噌 / 76
  • 百人一首 / 77
  • 桜の枯葉 / 78
  • 石の牛 / 78
  • 馬 / 79
  • 豆算 / 80
  • 五月雨 / 81
  • 豆腐 / 82
  • 蠅 / 82
  • 黒木の鳥居 / 83
  • えびす岩 / 83
  • 百合 / 84
  • 蝙蝠傘 / 85
  • 松明 / 86
  • 横笛 / 86
  • 夕日 / 87
  • 簾 / 87
  • 田植 / 88
  • 心太 / 89
  • 雨垂 / 90
  • 林檎 / 91
  • 風鈴 / 92
  • 石竹 / 92
  • 漁火 / 93
  • 神楽 / 94
  • 絵馬 / 95
  • 十三の娘 / 95
  • 木綿糸 / 96
  • もじずり / 97
  • 水車 / 99
  • 夏の歌(短歌) / 101
  • 木魚 / 102
  • 人魂 / 102
  • 稲妻 / 104
  • 三日月 / 104
  • 芝居 / 105
  • 脚半 / 107
  • 灯籠 / 107
  • 下女 / 108
  • 山桃 / 109
  • 歯 / 109
  • 海水浴 / 110
  • 女の子 / 112
  • 雨傘 / 112
  • 羊羮 / 113
  • 墓の蔭 / 114
  • 馴れたる昔 / 114
  • 蝋燭 / 115
  • 餅 / 116
  • 田舎 / 117
  • 別れしこなた(長歌) / 117
  • まむし / 120
  • 香 / 120
  • 緑の莚 / 121
  • 作文の先生 / 121
  • 砂糖 / 122
  • 榊の箸 / 122
  • 黙電和尚 / 123
  • 椎の枝 / 124
  • 香水 / 125
  • 水の月 / 126
  • 母の文 / 127
  • 念仏 / 128
  • 十ぷり / 129
  • 障子張 / 130
  • 狐の声 / 131
  • 拝殿 / 132
  • 晩鐘 / 132
  • 蓮 / 133
  • 籠 / 133
  • 亀 / 134
  • 空蝉の世(長歌) / 135
  • 雷 / 136
  • 梅の種 / 137
  • 園遊会 / 138
  • 足袋 / 139
  • 夏の夕 / 140
  • 汗 / 142
  • ハンカチーフ / 142
  • 酒 / 143
  • 玉子 / 146
  • 雀 / 147
  • 朝顔 / 148
  • 喇叭 / 148
  • 夕立 / 149
  • 隣 / 150
  • 猿が秀 / 151
  • 蓑 / 152
  • 琴 / 152
  • 莚帆 / 153
  • 豊後橋 / 153
  • 玉蜀黍 / 154
  • 行水 / 155
  • 神鳴門 / 155
  • 虫干 / 156
  • 物のよしあし / 157
  • 烏 / 158
  • 梨子 / 158
  • 寝覚 / 159
  • 水遊 / 160
  • 噴水器 / 161
  • 船頭 / 161
  • 雲間の星 / 162
  • 日蝕 / 163
  • 袴 / 164
  • 半日の留守 / 164
  • 女郎花 / 165
  • 八足机 / 166
  • 提灯 / 167
  • 神代の光 / 168
  • 芭蕉 / 168
  • 二百十日 / 169
  • 白木の机 / 170
  • 樽御輿 / 171
  • 水引 / 171
  • 松虫 / 172
  • 石地蔵 / 173
  • 帰る父 / 174
  • 夕顔鎗 / 175
  • 芋汁 / 177
  • 猿田彦 / 178
  • 犬葡萄 / 180
  • 鯉 / 180
  • 赤ゲツト / 181
  • 岩のもと / 182
  • 秋の歌(短歌) / 182
  • 畑の煙 / 184
  • 半鐘 / 185
  • ぬれ仏の顔 / 186
  • 柿の皮 / 187
  • 枝のいが栗 / 187
  • 鳥打帽 / 188
  • 紙 / 189
  • 松茸 / 189
  • 柚の木蔭 / 190
  • 賽銭 / 190
  • 蜜柑 / 191
  • 男の髪 / 193
  • 小石川 / 199
  • 寺山 / 200
  • 薩摩芋 / 200
  • 庭の暮秋 / 201
  • 茶の花 / 203
  • 天長節 / 204
  • ゆく秋 / 207
  • 寺のうしろ / 209
  • 教子に与ふ(短歌) / 210
  • 除隊 / 211
  • 籠作る翁 / 212
  • 近火 / 213
  • 昆布 / 214
  • 夕日のあと / 214
  • 学校カバン / 216
  • 鍬の柄 / 217
  • 猿引 / 218
  • 耳切丸 / 218
  • 乳母 / 219
  • 煙 / 219
  • 紅白の小袖 / 220
  • 庭の鶯 / 221
  • 二人の影 / 222
  • 豆腐 / 223
  • 村の正午 / 224
  • 歌 / 224
  • 木枯の風 / 225
  • 豌豆 / 226
  • 頭巾 / 226
  • 冬の始 / 227
  • 人の世 / 227
  • 火鉢 / 228
  • 煤払 / 228
  • 伊予の山(長歌) / 229
  • 手料理 / 230
  • 一人の翁 / 232
  • 郵便函 / 233
  • 冬の暮 / 233
  • 毛糸の玉 / 235
  • 夜なか / 235
  • 三角の巨燵 / 236
  • 霜柱 / 236
  • 鈴 / 237
  • 仁王尊 / 237
  • 粥 / 238
  • 紺足袋 / 238
  • 南天 / 239
  • 水仙 / 240
  • 風 / 240
  • ランプ / 241
  • 滝つ瀬 / 242
  • こぼれ米 / 243
  • 墓の中道 / 243
  • 絵馬 / 244
  • 庖丁 / 245
  • 針の穴 / 245
  • 三河万歳 / 246
  • 櫓の声 / 247
  • 薬瓶 / 247
  • 早苗の歌 / 248
  • 雪舟の達摩 / 248
  • 小社 / 249
  • 帆柱 / 250
  • 手紙の文字 / 250
  • 寒き日 / 251
  • 針仕事 / 252
  • 兵土一隊 / 252
  • 奈良の春 / 253
  • うしろの岡 / 253
  • 水道 / 254
  • ほしきもの / 255
  • 車夫のあくび / 257
  • 材木の上 / 257
  • 馬上の軍人 / 258
  • 大根売る男 / 258
  • 画帖 / 259
  • 人足四五人 / 260
  • @ / 261
  • 芹 / 261
  • 梅の木蔭 / 262
  • 冬の歌(短歌) / 262
  • おもひいで草 / 264
  • 松葉牡丹(長歌) / 276
  • むかし今 / 278
  • 目なし鳥(長歌) / 298
  • 四十年前の正月 / 300
  • 鈴の響(長歌) / 305
  • 袴能 / 307
  • 能の脇師 / 308
  • 雑の歌(短歌) / 311
  • 宇和島日記 / 314
  • 雑の歌(短歌) / 398
  • 初茸狩 / 401
  • 大磯の海 / 410
  • 節分詣 / 411
  • 雪の恨(長歌) / 418
  • 金比羅まゐり / 420
  • 春の歌(短歌) / 432
  • 木曽路の旅 / 434

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 したわらび : 紀行漫筆
著作者等 大和田 建樹
書名ヨミ シタワラビ : キコウ マンピツ
書名別名 Shitawarabi
出版元 金港堂
刊行年月 明35.7
ページ数 489p
大きさ 15cm
全国書誌番号
41011430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想