響きあう異界 : 始源の混沌・神の深淵・声の秘義

浅見克彦 著

人間はつねに異界を背負って生きてきた-リューグー、補陀落、神人合一の混沌、「超人」の奈落、言葉に潜む身体の威力。そして『ニューロマンサー』『惑星ソラリス』『空の境界』『虐殺器官』川上未映子の異界。人はなぜ、いまもそれに魅せられているのか。古の神話から現代の表象文化まで渉猟し、人間存在の秘められた闇にせまる。「いま、ここ」に潜む「別の世界」の可能性を求め、異界の深淵に降りたつスリリングな読みの冒険。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 立つことの陰に(とらえがたき「リューグー」-「非空間」としての異界
  • 生の世界に絡みつく龍の影-混沌の異界 ほか)
  • 第2章 「なること」の磁場(補陀落渡海の異相-存在変容の場
  • 生死の二分法の彼方-この世の規矩を超えること ほか)
  • 第3章 潜みふれるもの(滲みわたるもの-無主の響き
  • 反響の場と自己の揺り篭-雰囲気の「意味」、界面としての自己 ほか)
  • 第4章 「想うこと」の彼方(「非空間」の異界-サイバースペースの深淵
  • 黒き「闇」の恐怖-肉体という異界との対峙 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 響きあう異界 : 始源の混沌・神の深淵・声の秘義
著作者等 浅見 克彦
書名ヨミ ヒビキアウ イカイ : シゲン ノ コントン カミ ノ シンエン コエ ノ ヒギ
書名別名 Hibikiau ikai
出版元 せりか書房
刊行年月 2012.4
ページ数 298,4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7967-0311-6
NCID BB09313593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22090802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想