一休禅師 : 諸国漫遊

無漏道人 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 一休の幼年時代 / 1
  • 二 極楽浄土は何んなもの / 4
  • 三 意外の弟子入 / 7
  • 四 剃髪の儀式 / 10
  • 五 口は不浄のもの / 13
  • 六 四十雀の引導 / 16
  • 七 塩鮭の引導 / 19
  • 八 鯉の味噌汁 / 22
  • 九 宗純の当意即妙 / 25
  • 一〇 門前の貼り札 / 28
  • 一一 太鼓に当る仏@ / 31
  • 一二 歌を作つて始めて一休の号を賜はる / 34
  • 一三 お前の女房はお多福三平 / 37
  • 一四 将軍と一休、大名は松の如し / 40
  • 一五 口は鎌倉街道 / 43
  • 一六 割れ茶碗の問答 / 46
  • 一七 有難や生如来様 / 49
  • 一八 一休、将軍に引導す / 52
  • 一九 大徳寺の法要 / 55
  • 二〇 一万人の膳部、皆糠(三七日) / 58
  • 二一 大黒、布袋の賛 / 61
  • 二二 鬼の念仏 / 64
  • 二三 一休と蜷川新左衛門 / 67
  • 二四 地獄と極楽の問答 / 70
  • 二五 人間の一生は色即是空 / 73
  • 二六 弘法も筆の誤り / 76
  • 二七 叡山の御宝物 / 79
  • 二八 十七間の平仮名 / 82
  • 二九 乞食小屋の茶会 / 85
  • 三〇 乞食の大礼服 / 88
  • 三一 乞食の引導 / 91
  • 三二 侍と雪駄直しの口論 / 94
  • 三三 意外の御馳走 / 98
  • 三四 非人塚の由来 / 101
  • 三五 娘の珍病 / 104
  • 三六 乞食坊王と人は云ふなり / 107
  • 三七 恋は思案の外 / 110
  • 三八 娘の病気は古狸 / 113
  • 三九 一休の宇治見物 / 115
  • 四〇 新左衛門の離縁沙汰 / 118
  • 四一 釈迦も達磨も腹は立つまじ / 121
  • 四二 新来の尼 / 124
  • 四三 一休手作の灯籠 / 127
  • 四四 瓜や茄子も加茂川の水 / 130
  • 四五 将軍の踊見物 / 132
  • 四六 一休の盆踊将軍な驚かす / 135
  • 四七 名匠飛弾の甚五郎 / 138
  • 四八 菊花の御紋と本願寺 / 141
  • 四九 甚五郎の島原美人 / 144
  • 五〇 叡山の荒法師と本願寺の争ひ / 147
  • 五一 お山人形の身代り / 151
  • 五二 本願寺の焼攻 / 153
  • 五三 一休と蓮如上人 / 156
  • 五四 本項誤リニツキ次へ譲ル
  • 五五 一休の唐土物語り / 159
  • 五六 仙女の機織 / 162
  • 五七 禅師と上人の和歌 / 165
  • 五八 一休と伊勢の長者 / 168
  • 五九 大津の乗合船 / 171
  • 六〇 修験者と休の法力競へ / 174
  • 六一 一休の活眼山伏の閉口 / 177
  • 六二 一休の伊勢参宮 / 180
  • 六三 鬼の泣き顔名灸の看板 / 182
  • 六四 夫婦喧嘩に一休の楽書 / 185
  • 六五 無情の人人 / 188
  • 六六 心に惚る人に惚るな / 191
  • 六七 ◇の地蔵尊 / 194
  • 六八 地蔵の頭へ小便 / 197
  • 六九 禅師様のお怒り / 199
  • 七〇 地蔵の首に褌 / 202
  • 七一 三河の入ツ橋 / 205
  • 七二 巫山戯た贅沢 / 208
  • 七三 昔のお馴染 / 211
  • 七四 当@即妙不動の賛 / 214
  • 七五 珍珍無@の気狂ひ / 217
  • 七六 お吸物には芋汁結構 / 220
  • 七七 小便無用の貼札 / 223
  • 七八 一休と二階堂信濃守 / 226
  • 七九 身延山に南無阿弥陀 / 229
  • 八〇 日蓮宗のダラダラ坊主 / 233
  • 八一 日蓮宗と真宗の争ひ / 236
  • 八二 一休と芋田楽 / 239
  • 八三 牛に曳れて善光寺詣り / 242
  • 八四 鬼の済度ば出家の役目 / 245
  • 八五 思ひも奇らぬ気狂ひ坊主 / 248
  • 八六 越後の親不知 / 251
  • 八七 小女の危難 / 254
  • 八八 病気の妙薬は黄金湯 / 257
  • 八九 一休へ阿部川の毒餅 / 260
  • 九〇 藪医東庵の悪計 / 263
  • 九一 門松は冥土の旅の一里塚 / 266
  • 九二 怪からぬ旅僧 / 269
  • 九三 一休の剣道指南 / 273
  • 九四 禅家の悟道 / 277
  • 九五 破れ寺の化物は頗るの美人 / 280
  • 九六 一休の化物退治 / 283
  • 九七 閻魔へ手紙 / 286
  • 九八 蜷川新左衛門の辞世 / 290
  • 九九 @の鮨でも売る◇宜い / 293
  • 一〇〇 流石は永平寺の大和尚 / 296
  • 一〇一 定業限りあり / 299
  • 一〇二 新樹庵の珍客 / 302
  • 一〇三 極楽の道案内 / 305
  • 一〇四 十万億土は暗いもの / 308
  • 一〇五 永平寺と一休の智恵比べ / 311
  • 一〇六 西の院の妖怪 / 314
  • 一〇七 西を東の旅の僧 / 317
  • 一〇八 名僧智識の大問答 / 319
  • 一〇九 永平寺の閉口 / 322
  • 一一〇 恋路の書簡 / 325
  • 一一一 禅師の戒しめ / 328
  • 一一二 塩鮹で一寸一杯 / 331
  • 一一三 一休鮹入道に賛す / 334
  • 一一四 前代未聞の引導 / 337
  • 一一五 不思議の夢 / 340
  • 一一六 有難いお菓子の包み / 343
  • 一一七 今日は酒の飲み納め / 347
  • 一一八 一休は売僧もの / 350
  • 一一九 酒の相手は白拍子 / 353
  • 一二〇 禅師の情け / 356
  • 一二一 禅の御利生 / 359
  • 一二二 禅師の指図 / 362
  • 一二三 二人の勝負 / 365
  • 一二四 大貝家の大改革 / 368
  • 一二五 禅師の風流 / 371
  • 一二六 和歌の難題 / 374
  • 一二七 狂歌堂の主人 / 377
  • 一二八 風流二ツ名前 / 380
  • 一二九 俄かの逃げ仕度 / 383
  • 一三〇 感服せる狂歌の徳 / 386
  • 一三一 月に寄せ来る住吉の浜 / 389
  • 一三二 名妓地獄太夫 / 392
  • 一三三 財産も何も入用ものか / 395
  • 一三四 禅師と美人 / 399
  • 一三五 禅師と太夫の狂歌問答 / 404
  • 一三六 傾城は弘誓の船の渡し守 / 406
  • 一三七 意外の髑髏 / 410
  • 一三八 門松は冥途の旅の一里塚 / 412
  • 一三九 五戒の破戒 / 415
  • 一四〇 一休の四国漫遊 / 419
  • 一四一 禅師の慈悲 / 422
  • 一四二 薬師の信心 / 424
  • 一四三 禅師の高野詣り / 427
  • 一四四 私しは天地坊主だ / 430
  • 一四五 何も只人でない / 432
  • 一四六 是れは新樹庵の一休様 / 435
  • 一四七 禅師の大度 / 438
  • 一四八 足利将軍と禅師の茶話 / 441
  • 一四九 天下一品の品 / 444
  • 一五〇 将軍の立腹 / 447
  • 一五一 禅師死期を悟◇ / 449
  • 一五二 禅師の永眠 / 453

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 一休禅師 : 諸国漫遊
著作者等 熊谷 無漏
無漏道人
書名ヨミ イッキュウ ゼンジ : ショコク マンユウ
書名別名 Ikkyu zenji
出版元 三芳屋
刊行年月 明42.9
ページ数 456p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41008222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想