桜花男児

莫越生 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一回 才子休暇を得て、飯坂温泉に遊び慷慨の一詩に、佳人、才子と偉人とを紹介す / 1
  • 第二回 才子、適齢当籖して送別の宴を開かれ宮城野原頭、風雪に苦む / 29
  • 第三回 佳人、才子を集ふて若松を出走し榴岡に酔兵の難に陥る / 46
  • 第四回 佳人、実兄に救はれて楼上に客となり悪漢の誤解軍曹を殺さんとす / 60
  • 第五回 怨を含て悪漢会して密計をなす隔障之を聴て密告す同僚の赤心 / 70
  • 第六回 下宿楼上、才子計らす佳人に逢ふ実兄の深情に佳人始て真を告く / 105
  • 第七回 黒@西天に起て才子従軍を命らる送別会の席上にて才子佳人良縁を結ぶ / 123
  • 第八回 山東省の深雪を侵して才子斥候に出つ百尺崔に於て才子の死屍を発見す / 137
  • 第九回 新聞を閲て佳人深窓の内に泣く公報に接して有志者才子の葬礼を盛にす / 161
  • 第十回 百ヶ目の念仏講席に突然才子少尉の服装にて現る誤報の夢覚て一家始て謡ふ高砂や尾上の千松島 / 201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 桜花男児
著作者等 莫越生
書名ヨミ オウカ ダンジ
書名別名 Oka danji
出版元 尚武館
刊行年月 明34.11
ページ数 217p
大きさ 15cm
全国書誌番号
41008369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想