浮世医者 : 諷俗警世

太田貞次郎 (花廼家瓢) 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第壱回 発端
  • 第二回 機会を覚つて旧怨を酬いんとす
  • 第三回 道理に服◇て実子を捨てんとす
  • 第四回 嫌疑の為めに非命の刃を購ふ
  • 第五回 恩愛の為めに情累の絆を絶つ
  • 第六回 情夫を思ふて転た愁涙に咽ぷ
  • 第七回 深更を冒して偶ま悪徒に過ふ
  • 第八回 危難の跡竒縁となつて来る
  • 第九回 義塾の内に才子の勉学
  • 第十回 花巷の楼に佳人の密会
  • 第十一回 最後の始末
  • 第十二回 作者の注意

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 浮世医者 : 諷俗警世
著作者等 太田 貞治郎
太田貞次郎
書名ヨミ ウキヨ イシャ : フウゾク ケイセイ
出版元 文求堂
刊行年月 明20.2
ページ数 88p
大きさ 19cm
NCID BB20266497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41008277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想