平家物語図会

高井蘭山 著

[目次]

  • 目次
  • 巻之壱
  • 平家の起原清盛公繁栄。妓王妓女仏御前の栄枯
  • 近衛院二条院二代の后。延暦額打論摂政の供人資盛の無礼を咎
  • 新大納言成親卿謀叛。山門神与を振奉つて師高兄弟が濫行を訴訟す
  • 巻之二
  • 多田行綱返忠。成親卿一身党類被召捕。重盛公憐愍
  • 重盛公新大納言の命乞。門脇教盛卿丹波少将の命乞。重盛公釜艙
  • 新大納言配所に卒去。藤蔵人謀にて徳大寺殿昇進。鬼界島にて康頼卒都婆を流す
  • 巻之三
  • 丹波少将成経。平判官康頼法師赦免。中宮御産皇子御降誕
  • 有王俊寛が専途を見小松大臣病名医を拒。同逝去
  • 平家より関白殿を流罪し。公卿殿上人多くの官を削。法皇を鳥羽殿に押籠奉る
  • 巻之四
  • 主上を降し春宮を践祚なし。奉る。高倉宮御謀叛顕れ御所を開せ給ふ
  • 長谷部信連剛勇の働。高倉宮園城寺入御衆徒を頼給ふ
  • 三位頼政人道父子自害。高倉宮御最期三井寺炎上
  • 巻之五
  • 都を福原へ遷す。頼朝卿東国uべを揚る。文覚上人荒行
  • 佐殿院宣を頂戴。平家より討于の将士七万余騎富士川より逃上る
  • 都を平安城に還す。中将重衡薩摩守忠度を将として奈良を攻。新院崩御
  • 巻之六
  • 小督殿を捕尼となす。木曽次郎冠者義仲信州に旗を建
  • 四国西国平家に背。太政入道熱病に薨去。城資永永茂が軍事
  • 越前国火燧の城軍。加賀国砥浪山軍。木曽殿妙策
  • 巻之七
  • 加賀国篠原合戦実盛討死。山門の大衆木曽殿に語れ平家に背
  • 主上に供奉し平家都を避。経盛卿の息経正御室の御所へ御暇乞
  • 青山の琵琶伝来の説。平家福原を落纜を解西海に漂ふ
  • 巻之八
  • 木曽義仲蔵人行家都に入。高倉院四の宮法皇へ召る
  • 緒方維義九州の平家と追出す。前右兵衛佐殿将軍の院宣を賜ふ
  • 播州室山軍蔵人行家働。木曽法住寺殿を攻奉り狼藉と成
  • 巻之九
  • 範頼義経宇治勢多を破石田為久粟津原に義仲を討
  • 一谷軍熊谷平山先陣を競ふ。生田杜軍梶原平三二度の蒐
  • 一谷落城平家諸将士討死。一門再び海上に漂ふ
  • 巻之十
  • 平家諸将の首大路を引渡す。法皇讃州の平氏へ院宣を下さる
  • 重衡卿関東下向。小松三位維盛卿高野山にて剃髪す
  • 小松三位中将維盛入道入水。宗清義気。佐佐木盛綱藤戸の海を渡す
  • 巻之十一
  • 讃州八島軍義経武功。景清水尾錣引。義経誤て弓を流す
  • 伊勢三郎智計教能を降す。壇浦船軍平家滅亡
  • 梶原讒言鎌倉殿義経を勘気せらる。平宗盛公父子梟首
  • 巻之十二
  • 土佐房正俊堀河夜討伏誅。義経都落難風に吹戻さる
  • 頼朝卿日本国総追捕使を賜ふ。文覚流罪。六代御前と斬しむ
  • 平家物語灌頂巻
  • 建礼門院御落飾田吉より小原へ御移住。法皇小原御幸
  • 御往生

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 平家物語図会
著作者等 高井 蘭山
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ ズエ
出版元 駸々堂
刊行年月 明19.9
ページ数 493p
大きさ 18cm
全国書誌番号
41006682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想