野飼駒 : 近世奇聞

梧陰逸人 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 川北奸計を設て 藤島藤平を倒す
  • 第二章 剛平兵馬を欺て 仕官の道を索む
  • 第三章 阿雪武芸を顕て 大に壮士を懲す
  • 第四章 試較を望で剛平 却て清記に撲る
  • 第五章 左門吾子を諭て 武者修行に出す
  • 第六章 竜野の街に清記 侠客の暴を摧く
  • 第七章 清記広野に於て 平三郎と決闘す
  • 第八章 平三清記に遇て 師弟の約を結ぶ
  • 第九章 籠居を訪て倉太 兵馬の病根を〓を
  • 第十章 阿富手管を逞しく 兵馬の心を蕩す
  • 第十一章 兵馬阿富を伴て 盗賊の為に擒る
  • 第十二章 剛平盗賊と成て 淫婦阿富を奪ふ
  • 第十三章 深谷に陥て兵馬 不斗勇僧に救る
  • 第十四章 勇僧大善一唾に 七個の賊を生擒
  • 第十五章 偽言を信て大善 大に酒楼を閙す
  • 第十六章 清記信義を示て 勇僧大善を伏す
  • 第十七章 号哭を怒て大善 深夜婦人を罵る
  • 第十八章 清記少女を勦て 其身の来歴を聞
  • 第十九章 少女を伴て三傑 丸亀の港を去る
  • 第二十章 北野社頭に藤平 角觝師弟を懲を
  • 第二十一章 依嘱を容て藤島 壬生裏に闘戦ふ
  • 第二十二章 力士を懲◇藤平 熊田兵馬に遇ふ
  • 第二十三章 短銃を隠て兵馬 藤島藤平を撃つ
  • 第二十四章 兵馬途中に於て 不図父に対面す
  • 第二十五章 ◇略を設て釆女 塚原左門を陥る
  • 第二十六章 信義を守て一学 娘を塚原に送る
  • 第二十七章 死を決し◇左門 両人の娘を激す
  • 第二十八章 両女を出て夫妻 倶に最期を潔す
  • 第二十九章 凶報を聞て藤島 熊田の奸を怒る
  • 第三十章 兵馬を撃て藤島 遂に縲絏に撃る
  • 第三十一章 酒興に乗て大善 大に力量と顕す
  • 第三十二章 清記途中に於て 吾家の変を聞く
  • 第三十三章 讐を襲ん◇英雄 夜陰手配と為す
  • 第三十四章 旧悪其身を責て 熊田釆女命を◇
  • 第三十五章 大善勇力を顕て 大に獄舎を破る
  • 第三十六章 猛威を振て五傑 捕吏の囲を出る
  • 第三十七章 清記を尋て両女 途中浪士に遇ふ
  • 第三十八章 健次を懲て双竜 両婦を家に伴ふ
  • 第三十九章 両女を伴て双竜 津山の城下を去
  • 第四十章 必死を究て阿雪 大に頭人と闘ふ
  • 第四十一章 板倉を刺て阿雪 不斗平三郎に遇
  • 第四十二章 宿を乞て修験者 平太夫を幻惑す
  • 第四十三章 秘法を説て修験 恠の護摩を焚く
  • 第四十四章 剛平夫婦途中に 小〓〓等◇遇ふ
  • 第四十五章 剛平支党と謀◇ 窃に諸侯を欺く
  • 第四十六章 権三大善を誑て 土蔵の裏に捕ふ
  • 第四十七章 清記大善を救て 平太夫方に集る
  • 第四十八章 再会を約て八個 播州竜野を去る
  • 第四十九章 町田一計と運し 清記藤平を生擒
  • 第五十章 大善過て洛北に 売卜者と闘戦ふ
  • 第五十一章 大善双竜に会て 一同の無事を告
  • 第五十二章 双竜奇計を設て 捕吏の難を避る
  • 第五十三章 双竜大善途中に 不斗清記を救ふ
  • 第五十四章 六士高野山◇て 道部監物に遇ふ
  • 第五十五章 清記大善藤平等 川北剛平と訝る
  • 第五十六章 大守山猟を催し 一家中を鼓舞す
  • 第五十七章 名を挙家を興す 僧俗六個の結局

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 野飼駒 : 近世奇聞
著作者等 梧陰逸人
書名ヨミ ノガイコマ : キンセイ キブン
書名別名 Nogaikoma
出版元 共和書店
刊行年月 明22.9
ページ数 231p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41006557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想