化気の種 : まんだらぞうし

佐伯法雲 (まんだら居士) 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 (蓮如一休賛辞を画馬に題す)
  • 二 (今日は好ひ泣しほ)
  • 三 (いづこも同じ老の言ひ暮れ)
  • 四 (みりがくさる)
  • 五 (真の英雄)
  • 六 (小女の頓智)
  • 七 (四不像)
  • 八 (道と制と)
  • 九 (慢心は結句恥の上塗り)
  • 十 (唯独自明了)
  • 十一 (こんな男もござります)
  • 十二 (蚊虻の為に人をつくるか)
  • 十三 (大和錦)
  • 十四 (矢張御幣かつぎ)
  • 十五 (東京の火事は水か)
  • 十六 (西洋は吾下等風儀の発達せしか)
  • 十七 (均しく是れ民なり)
  • 十八 (本来無東西)
  • 十九 (耶蘇も亦護法神)
  • 二十 (鄙歌必ずしも侮るべからず)
  • 廿一 (誤謬の言語)
  • 廿二 (願くは石や草木も証とせよ)
  • 廿三 (我田引水)
  • 廿四 (わるゐ)
  • 廿五 (下愚は移らず)
  • 廿六 (除き難ひ哉習気)
  • 廿七 (朝、帰りがけに)
  • 廿八 (かがみ)
  • 廿九 (山号寺号)
  • 三十 (疱瘡の第二等)
  • 卅一 (一休も鹿のあやまり)
  • 卅二 (持ち手に依て色をます)
  • 卅三 (ナボレオン商人を賤しむ)
  • 卅四 (一奇説)
  • 卅五 (寺の和尚と己れに限る)
  • 卅六 (耶蘇教徒居らざればなり)
  • 卅七 (矢張都合よからむ)
  • 卅八 (業務に当ては人を恕すべからず)
  • 卅九 (何れも其実を知らざるなり)
  • 四十 (英雄豪傑を造るくすり)
  • 四十一 (害多きは功多し)
  • 四十二 (新仏の説法)
  • 四十三 (ビスマーク公と医師の談し)
  • 四十四 (ツマラヌ理屈)
  • 四十五 (燧翁の狂歌)
  • 四十六 (豈に死後の◇ならんや)
  • 四十七 (各◇の宝を有つ)
  • 四十八 (徂徠の返書)
  • 四十九 (御者の圧制)
  • 五十 (妙のみやこ)
  • 五十一 (文字の分折)
  • 五十二 (真伝を得ること最もかたし)
  • 五十三 (主義の博覧会)
  • 五十四 (洒落博士の新説)
  • 五十五 (食虫草の話し)
  • 五十六 (喜撰法師の留主居)
  • 五十七 (ちきりの発句)
  • 五十八 (附智恵功を成さず)
  • 五十九 (寝小便の中裁)
  • 六十 (焉より大なるはなし)
  • 六十一 (近江八景を一首に罄す)
  • 六十二 (以後は先生を屁と思ひます)
  • 六十三 (可。不。可。可。可。可。可。)
  • 六十四 (地名四ツに色四ツ)
  • 六十五 (古代の風俗)
  • 六十六 (不消化物の悪報)
  • 六十七 (各家の短所)
  • 六十八 (汗の伝染)
  • 六十九 (もと木に優るうら木なし)
  • 七十 (口を以て鯡ヤ鰯の棺桶にりせ)
  • 七十一 (習僻除きがたし)
  • 七十二 (開化紳士の失敗)
  • 七十三 (贅沢の俗。菓物社会に及ぶ)
  • 七十四 (一拳の堅きに若かざるなり)
  • 七十五 (仏と欺き自を欺く)
  • 七十六 (世界第一の道徳心)
  • 七十七 (金満家になる新発明のうた)
  • 七十八 (所見各各異なり)
  • 七十九 (小欲大損)
  • 八十 (板一枚上は地獄)
  • 八十一 (教員の失策)
  • 八十二 (狼狽たる父子)
  • 八十三 (波平行安)
  • 八十四 (難ひ哉両全の策)
  • 八十五 (孔孟と安倍ノ仲麿)
  • 八十六 (名高ひ事は日本一◇末な事も日本一)
  • 八十七 (無言の問答)
  • 八十八 (鳴呼育ひがたし)
  • 八十九 (一は瓦を玉とし一は黄金を泥となす)
  • 九十 (物言はぬは己れ斗りだ)
  • 九十一 (甲に似せて穴を穿つ)
  • 九十二 (不急を問て要を怠たる)
  • 九十三 (かなの読み違ひ)
  • 九十四 (堪忍の秘伝)
  • 九十五 (染代は幾らでもよし)
  • 九十六 (医師の経験)
  • 九十七 (松かげの硯)
  • 九十八 (一休の恋歌)
  • 九十九 (奇妙なる禁酒法)
  • 百 (三人の滊車客)
  • 百一 (ものわすれ)
  • 百二 (新発明の米搗機械)
  • 百三 (大川振)
  • 百四 (年の寄らぬ新発明)
  • 百五 (変れば変る)
  • 百六 (口惜しき事の最大極点)
  • 百七 (弥市の高松)
  • 百八 (檀那まづ五円)
  • 百九 (元来◇ろはないのだ)
  • 百十 (雷の印籠)
  • 百十一 (昔ばなしの馬車人力車)
  • 百十二 (五兵衛と云ふ女はあるまい)
  • 百十三 (口は鎌倉街道なり)
  • 百十四 (世間此類なきにあらず)
  • 百十五 (理外の理も一理なり)
  • 百十六 (故に蕎麦は討るるなり)
  • 百十七 (在家には精進日があるね◇)
  • 百十八 (全村悉く尼)
  • 百十九 (一休も服せり)
  • 百二十 (わかつた)
  • 百廿一 (三野郎孔子を評す)
  • 百廿二 (阿弥陀がいけ)
  • 百廿三 (音便の訛と言葉の僻)
  • 百廿四 (応病与薬)
  • 百廿五 (ごねこんだり)
  • 百廿六 (多年の憂苦一語に終身の楽となる)
  • 百廿七 (人を咒へば穴二ツ)
  • 百廿八 (一年母は茲に残れり)
  • 百廿九 (人情多くは此んなもの)
  • 百三十 (二人の中にはなかみもなし)
  • 百卅一 (虎の威を仮る狐)
  • 百卅二 (御幣かつぎ)
  • 百卅三 (海老の漫遊)
  • 百卅四 (お替りはゐかが)
  • 百卅五 (ト易神の如し)
  • 百卅六 (衆星の嘆息)
  • 百卅七 (貧乏会)
  • 百卅八 (其角の頓智)
  • 百卅九 (奇なる節倹主義の実行)
  • 百四十 (一語を発して危きを救ふ)
  • 百四十一 (烏賊にさまは、いりません)
  • 百四十二 (機見の不同)
  • 百四十三 (耳本鐘近)
  • 百四十四 (二人の無筆)
  • 百四十五 (鼠尾馬尾鼠尾ぞ)
  • 百四十六 (男女同権)
  • 百四十七 (縁喜なをしのうた三首)
  • 百四十八 (高僧女権を重んじて宝と為す)
  • 百四十九 (いききつてゐる)
  • 百五十 (かかる社会もある世なり)
  • 百五十一 (再しらべの発句)
  • 百五十二 (聴者の耳。説者の舌)
  • 百五十三 (「ジヨン、カータ」)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化気の種 : まんだらぞうし
著作者等 佐伯 法雲
書名ヨミ カキ ノ タネ : マンダラゾウシ
書名別名 Kaki no tane
出版元 イーグル書房
刊行年月 明21.11
ページ数 128p
大きさ 19cm
NCID BN1496429X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41006951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想