天弘国定記 : 悪事ノ内仁忠治ノ花誌

林源次郎 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一回 郷名を国定と号る原因
  • 第二回 長岡氏之略系
  • 第三回 羽州酒井家幕命に背く
  • 第四回 大蔵太輔鶴ケ岡城を望む
  • 第五回 四万の浴客金を奪し話し
  • 第六回 茄子畑之怪談
  • 第七回 西の目長岡の話し説破す
  • 第八回 父の命に忠治田部井村に趣く
  • 第九回 忠治博徒に打擲に逢ふ
  • 第十回 内藤の悪事を岩鼻に訴ふ
  • 第十一回 児島指を落し誉を挙る
  • 第十二回 忠治本間に入門剣道を学ぶ
  • 第十三回 武蔵守信◇の物語
  • 第十四回 六道の辻国定の西辺に有り
  • 第十五回 忠治出府の費金を◇達す
  • 第十六回 忠治賊を生捕賞を賜ふ
  • 第十七回 忠治富吉と義親子を約す
  • 第十八回 忠治富吉の辞世を添削す
  • 第十九回 富吉葬式忠治祭文
  • 第二十回 投標を以首長を撰学す
  • 第二十一回 家を捨て義約を捨す
  • 第二十二回 一書来田部井村に徃く
  • 第二十三回 卯右衛門忠治に一策を示す
  • 第二十四回 懇◇会景況之記
  • 第二十五回 武州無籍遠島に決す
  • 第二十六回 九名の囚人深谷駅に泊す
  • 第二十七回 松五郎を御堂坂に奪ふ
  • 第二十八回 水島堀田賊を探索す
  • 第二十九回 福浦豆腐屋雇人を拘引
  • 第三十回 勇吉実を明し仁恵を乞ふ
  • 第三十一回 与力島村伊三郎を捕縛す
  • 第三十二回 勇吉口◇に仍で刑を決す
  • 第三十三回 磔を御堂坂に行並に落◇
  • 第三十四回 国定島村和睦の酒宴

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 天弘国定記 : 悪事ノ内仁忠治ノ花誌
著作者等 林 源次郎
書名ヨミ テンコウ クニサダ キ : アクジ ノ ウチニ チュウジ ノ ハナシ
出版元 銀花堂
刊行年月 明23.2
ページ数 271p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41006458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想