宮本左門之助武勇伝

岡田霞船 著

[目次]

  • 目次
  • 第一回 綾部藤一郎武術を練磨す 宮本衛守深夜に横死す
  • 第二回 八重梅名士を慕て赤縄を結ぶ 田丸将監窃に敵の手掛りを告る
  • 第三回 宮本勘解由津和野に仕官す 鈴木源蔵再度勘解由を恨む
  • 第四回 源蔵凶悪を逞ふして宮本を殺す 左門之助久留米に武勇を顕す
  • 第五回 左門之助足代山に衆人と血戦す 妖狐小女と化して名士を誑す
  • 第六回 宮本悪狐を退治て童子を憐む 高波村の農夫赤心を商議す
  • 第七回 小松翁宮本に秘術を授て後難を示す 猟夫大作雪中に左門之助を救ふ
  • 第八回 宮本天守に上りて不図官女に見ゆ 宝剣紛失して宮本冤罪を受る
  • 第九回 霊夢に感じて黒島左膳宮本を救ふ 姫路の天守に宮本老狐を退治す
  • 第十回 宮本亀戸村に婦女の危難を救ふ 宮本旅泊に山辺大之進を戒む
  • 第十一回 猟夫宮本に会して敵の居所を告 宮本岩淵山中に山鮫を殺す
  • 第十二回 豪商力士暗日根峠に賊難に逢ふ 左門之助強賊を討て衆人を助る
  • 第十三回 宮本冤罪を受て獄舎に撃る 奸吏私慾に眩して宮本を亡んと謀る
  • 第十四回 義壮士獄舎に忍て宮本を諭す 管神の霊現宮本の疑惑を解しむ
  • 第十五回 力士豪商と謀りて宮本の冤罪を訴ふ 名吏訴へを容て名士を救んと決す
  • 第十六回 彦尾の深智黒白邪正を裁断す 宮本時運を得て不図復讎に及ふ
  • 第十七回 彦尾の邸に夫婦兄妹奇遇に及ぶ 宮本八重梅を援て塚原左源太を殺す

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宮本左門之助武勇伝
著作者等 岡田 霞船
書名ヨミ ミヤモト サモンノスケ ブユウデン
書名別名 Miyamoto samonnosuke buyuden
出版元 辻本九兵衛
刊行年月 明23.3
ページ数 96p
大きさ 17cm
全国書誌番号
41006752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想