絵本慶安太平記

野村銀次郎 編

[目次]

  • 目次
  • 第一 群@を撃て治郎武道に志す
  • 第二 夢に負傷者を見て乙香始て@む
  • 第三 古今の治乱を鑑て神童心志を興つ
  • 第四 浅間の神木に正雪前途を@ふ
  • 第五 名張の山@に正雪猅々を@止む
  • 第六 笄をかくして@女壮士を慕ふ
  • 第七 大聖寺の山中に両士雌雄を争ふ
  • 第八 天草に渡りて正雪宗意軒に@ふ
  • 第九 宗意軒宿志を演て兵法を授く
  • 第十 正雪紀州に籍@事を遂んと謀る
  • 第十一 賢臣君を諫めて直に奸雄を遠く
  • 第十二 賜物を@粉して正雪和歌山を去る
  • 第十三 両雄挌闘やんで別木宿志を語る
  • 第十四 @く慮りて別木姓名を改む
  • 第十五 客舎に投宿て伊藤当時の四傑を評す
  • 第十六 三賊を挫ひしぎて正雪其長技に驚く
  • 第十七 不義を憤ふりて不伝家士を捕ふ
  • 第十八 前門虎を防て後門狼を進む
  • 第十九 小万を楯にして曲者鋭鋒を拒ぐ
  • 第二十 淫夫壮士を@◇忽ち壮士に刺る
  • 第二十一 愛子を助けられて鉄腸はじめて鈍る
  • 第二十二 師範を托して不伝仇に刃を@く
  • 第二十三 女色に欺れて主水兇心を起す
  • 第二十四 茗筵を催して不伝主水を招く
  • 第二十五 病痢に仮托て養父の招を辞す
  • 第二十六 疑心暗鬼を生じて暗鬼父子を斃す
  • 第二十七 小万黒髪を断て貞操を全ふす
  • 第二十八 仇敵を知ず一門家督を定む
  • 第二十九 私財を散じて正雪浪士を撫育す
  • 第三十 智計を運らして多く軍用金を貯ふ
  • 第三十一 隅田の河辺に四勇不図奇遇す
  • 第三十二 三傑金打して丸橋の志しを問ふ
  • 第三十三 忠弥宿志を演て正雪爪牙を得たり
  • 第三十四 鮮血を喫りて正雪大望を譚る
  • 第三十五 怪力を@はして郭然正雪に知らる
  • 第三十六 征矢を発て群雄道灌山を退く
  • 第三十七 塹の深浅を量て貴人に見認らる
  • 第三十八 水蟻穴より洩て堤はじめて崩る
  • 第三十九 隠謀発覚して副将@紲にかかる
  • 第四十 三将@を全して一将@に背く
  • 第四十一 多年の宿望一朝水泡となる

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 絵本慶安太平記
著作者等 野村 銀次郎
書名ヨミ エホン ケイアン タイヘイキ
書名別名 Ehon keian taiheiki
出版元 銀花堂
刊行年月 明21.2
ページ数 90p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41005343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想