絵本楠公記

今井卯三郎 編

[目次]

  • 目次
  • 第一 楠家系の事 並多門丸誕生の事
  • 第二 多門丸大江時親に兵書を学ぶ事
  • 第三 多門丸元服楠正玄計策八尾勢を破る事 並楠正玄卒去の事
  • 第四 楠正玄嫡子正成謀計を援る事
  • 第五 筒井浄慶発向正成八尾合戦の事
  • 第六 志貴弥太郎勇戦の事
  • 第七 正成志貴に対面の事
  • 第八 正成智謀を以て顕幸を味方に招く事 並顕幸勢を引て正成と一手に成る事
  • 第九 志貴弥太郎八尾の押城を取返す事
  • 第十 人見山合戦の事
  • 第十一 大和勢反逆正成越智を討取事
  • 第十二 摂津渡辺合戦の事
  • 第十三 渡辺右衛門尉退城の事
  • 第十四 安田庄司反逆正成進発の事
  • 第十五 安田庄司敗軍の事
  • 第十六 藤代熊竹丸勇戦の事
  • 第十七 後醍醐天皇密に南都へ遷幸の事
  • 第十八 笠置山皇居夢見の事
  • 第十九 勅使を以て楠へ宣旨を給ふ事
  • 第廿 鎌倉勢赤坂に押寄る事
  • 第廿一 正成智謀再三敵勢を悩ます事
  • 第廿二 正成金剛山へ退身の事
  • 第廿三 正成再赤坂城乗取る事
  • 第廿四 正成天王寺へ出張の事
  • 第廿五 渡辺橋合戦の事
  • 第廿六 宇津宮公綱摂州発向の事
  • 第廿七 正成未来記を読み諸軍を励す事
  • 第廿八 平野入道降参誅せらるる事
  • 第廿九 正成奇計足利勢を破る事
  • 第三十 千剣破籠城の事
  • 第卅一 千剣破初度合戦の事
  • 第卅二 名越時有敗北の事
  • 第卅三 正成奪取敵の旗を出て寄手討の事
  • 第卅四 正成謀計藁人偶を造る事
  • 第卅五 楠奇計梯を焼く事
  • 第卅六 楠方観心寺の兵夜討之事
  • 第卅七 正氏正遠智慮浅深之事
  • 第卅八 正成千早城に管絃を催す事
  • 第卅九 足利尊氏千早城中に矢文を送る事
  • 第四十 正成が智略足利勢を陥る事
  • 第四十一 志貴右衛門直義を追ふ事
  • 第四十二 赤松円心義兵を起す事
  • 第四十三 中国勢赤松と合戦の事
  • 第四十四 赤松範貞中国勢を襲ふ事
  • 第四十五 赤松円心京都に攻入る事
  • 第四十六 敵陣に味方のしのびを捕へし事
  • 第四十七 楠勢千早寄手追討之事
  • 第四十八 鎌倉代官庄の金を奪ふ事
  • 第四十九 楠正成遠計足利が隠謀を察す事
  • 第五十 新田義貞上州に起る事
  • 第五十一 鎌勢倉義貞を囲む事
  • 第五十二 義貞稲村が海上に到る事
  • 第五十三 新田勢鎌倉を攻破る事
  • 第五十四 八幡合戦の事
  • 第五十五 北条家滅亡の事
  • 第五十六 北条が残党河州大和に蜂起する事 並恩地飯盛城に使す事
  • 第五十七 恩地武田十郎兵衛が智を謀る事 並楠正成飯盛城を攻る事
  • 第五十八 公家一統の御代に帰す事
  • 第五十九 高師直乱行の事
  • 第六十 赤垣宇都宮公綱を説く事
  • 第六十一 大塔宮兵を催す事
  • 第六十二 正成飯盛の城を攻る事
  • 第六十三 准后大塔宮を@す事
  • 第六十四 尊氏再び准后を威す事
  • 第六十五 藤房卿正成と天下治乱を談す事
  • 第六十六 淵辺伊賀守大塔宮を害す事
  • 第六十七 尊氏北条が残党を討取の事
  • 第六十八 桃井播磨守北国征伐の事
  • 第六十九 新田義貞朝家を怨む事
  • 第七十 正成義貞が野心計議を拉しぐ事
  • 第七十一 足利尊氏将軍の任を奪ふ事
  • 第七十二 新田足利確執奏状を捧ぐ事
  • 第七十三 正成天下の計を諫る事
  • 第七十四 正成再び東国下向を望む事
  • 第七十五 正成謀て細川赤松勢を敗る事
  • 第七十六 箱根山合戦の事
  • 第七十七 楠正成奏准后悪事
  • 第七十八 尊氏正成に与力と乞の事
  • 第七十九 新田義貞都に登る事
  • 第八十 義貞長年と責口を争ふ事
  • 第八十一 足利尊氏都に責登る事
  • 第八十二 新田足利大渡合戦の事
  • 第八十三 細川赤松山崎の砦を破る事
  • 第八十四 新田越後守勇戦の事
  • 第八十五 小清水合戦の事
  • 第八十六 主上比@山へ行幸の事
  • 第八十七 楠正成阪本に至る事
  • 第八十八 名和伯耆守長年内裏に至る事
  • 第八十九 官軍三井寺を攻る事
  • 第九十 正成軍使を義貞顕家に遣す事
  • 第九十一 新田足利京都合戦の事
  • 第九十二 新田楠が勢足利が大軍を破る事
  • 第九十三 新田義貞京都を退く事
  • 第九十四 官軍諸将鬮を以責口を定む事
  • 第九十五 因幡全村宇都宮城を落す事
  • 第九十六 官軍大に足利勢を敗る事
  • 第九十七 楠正行四条縄手出陣の事
  • 第九十八 尊氏再度京に帰る事
  • 第九十九 泣男杉本足利勢を欺く事
  • 第百 官軍尊氏が本陣を焼討事
  • 第百一 楠軍卒偽て京勢に降る事
  • 第百二 楠正行赤松勢を破る事
  • 第百三 正成が軍勢兵庫を焼く事
  • 第百四 官軍摂州表に合戦の事
  • 第百五 足利尊氏西国没落之事
  • 第百六 後醍醐天皇還幸之事
  • 第百七 尊氏筑紫より発向之事
  • 第百八 正成計略を奏し清忠を禁む事
  • 第百九 正成@井に於正行に遺訓之事
  • 第百十 楠謀略足利大軍を破る事
  • 第百十一 湊川大合戦之事
  • 第百十二 本間孫四郎遠矢之事
  • 第百十三 直義計て楠家を謀る事
  • 第百十四 楠家室正行を諫る事
  • 第百十五 楠勢高師直を逐ふ事
  • 第百十六 官軍足利の大軍を敗る事
  • 第百十七 楠勢湊川に節死す事
  • 第百十八 新田足利烈戦之事
  • 第百十九 求女塚大合戦之事
  • 第百二十 主上再度叡山臨幸之事
  • 第百廿一 正行病つ離住吉合戦之事
  • 第百廿二 八幡城陥落之事 並木宮大郎左衛門楠家の軍立を論◇る事
  • 第百廿三 楠正行吉野に参る事
  • 第百廿四 山上大将師直に代て討死之事
  • 第百廿五 楠家勇兵討死之事

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 絵本楠公記
著作者等 今井 卯三郎
書名ヨミ エホン ナンコウキ
書名別名 Ehon nankoki
出版元 瀬山佐吉
刊行年月 明20.5
ページ数 262p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41005431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想