大岡政談花咲屋藤作伝

[目次]

  • 目次
  • 大岡政談 花咲屋藤作伝巻之一
  • 呉服店伊勢屋五郎兵衛が事
  • 五郎兵衛身投の男を伴ひ宿を借る事
  • 五郎兵衛藤作より子供を貰ふ事
  • 藤作久久にて弟松五郎に対面の事
  • 多助口留料を貰ひて誓詞を書事
  • 貧富地を替て鶴亀養育を受る事
  • 藤作酔て廓に遊ぶ事
  • 旧悪を語りて浮艸藤作の心を静◇る事
  • 藤作お歌が貞心を憐む事
  • 藤作浮艸の為に居続をする事
  • 藤作痴病の余り悪念萌す事
  • 津国屋林蔵大病の事
  • 藤作林蔵の家へ火を放て@去る事
  • 藤作西新井にて坂本の様子を聞事
  • 亀二郎災厄に罫る事
  • 河内屋太左衛門浮艸を身◇み事
  • お歌八蔵に藤作の様子を聞く事
  • 藤作お歌を訪事
  • 下女お仲難儀の事
  • 巻之二
  • お仲酔て八蔵が手段に陥る事
  • お歌藤作浅草田町の旅宿に潜む事
  • 藤作両国にて若者を罵る事
  • 奸夫藤作を追事
  • 藤作若吉の懴悔を聞大いにお歌を疑ふ事
  • 八蔵お歌に出会事
  • 八蔵お歌に物語りの事
  • 大工八蔵お仲を捨て浅草に到る事
  • お歌不義の実事を語る事
  • 伊勢屋五郎兵衛一子を誕のる事
  • お梅悪童を見て不審の事
  • 黄金餅の主人走来る事
  • 水島左源太鹿忽を謝び身の上を語る事
  • 五郎兵衛左源太と相談の事
  • 藤作水島に由来を語る事
  • 駕籠を雇ふて藤作老婆を送る事
  • 巻之三
  • 藤作心に驚く事
  • 藤作が情にておきの病気全快の事
  • 藤作林太郎を養子とせる事
  • 林太郎途中にて悪者に出逢事
  • 藤作家御仕舞て順礼に出る事
  • 水島左源太藤作の遺書を伊勢屋方へ持来る事
  • 火炎に因て多助出入を免さるる事
  • 多助酔て才次郎に秘事を泄す事
  • 五郎兵衛智計多助を宥る事
  • 五郎吉書置を残して家出をする事
  • 水島左源太玉石を分ちて多助を説事
  • 左源太資本金を与へ◇亀二郎に異見なす事
  • 八蔵身の弁解にお歌の薄情を語る事
  • 亀二郎奸夫淫婦を層みて同長屋へ忍び入事
  • 三作亀二郎の様子を探らんとする事
  • 亀二郎川越より江戸表へ来る事
  • 亀二郎自身悪事を訴る事
  • 林太郎亀二郎始めて面会の事
  • 巻之四
  • 亀二郎林太郎の両人死を争ふ事
  • 伊勢屋五郎兵@五郎吉が所在を知る事
  • 御仁政落着御処分の事
  • 酒匂川水除工夫の事
  • 猟師其一社を山中に建る事
  • 大和屋お光峯三郎と密通の事
  • 峯三郎お光の両人へお芳悪計を勧◇る事
  • 金明院市兵衛を欺く事
  • 清吉無実の罪に陥る事
  • 清左衛門夫婦悲歎の事
  • 清吉訴訟に及ぶ事
  • 金明院悪事白状の事
  • 清吉再び出訴歎願の事
  • 婆婆が清水の事
  • 四郎兵衛庭地へ婆婆が清水〓引て繁昌の事
  • 清水婆婆再び四郎兵衛の井戸に仇をなす事
  • 四郎兵衛三五郎に井戸の不思議を物語る事
  • 三五郎四郎兵衛を諭す事

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大岡政談花咲屋藤作伝
書名ヨミ オオオカ セイダン ハナサキヤ トウサク デン
書名別名 Oooka seidan hanasakiya tosaku den
出版元 河井雅輝
刊行年月 明20.5
ページ数 236p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41005578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想