楠廷尉秘鑑 : 今古実録  第2編 下巻

編輯人不詳

[目次]

  • 目次
  • (第廿一)
  • 正成恩地金沢を欺く事
  • 楠智謀金沢を討取る事
  • (第廿二)
  • 高徳偽せ座頭と成て隠岐の島へ渡る事
  • 高徳青海波の曲を弾する事並天盃を賜る事
  • (第廿三)
  • 高徳本国へ帰る事
  • (第廿四)
  • 富士名判官塩谷に対面の事
  • 新田義貞千早へ発向の事
  • (第廿五)
  • 船田入道へ綸旨を賜る事
  • 宇都宮公綱千早城を攻る事
  • (第廿六)
  • 浅山六郎隠謀の事
  • 農夫五太夫御道路を恤り奉つる事
  • (第廿七)
  • 名和又太郎先帝を守護し奉つる事
  • 船上寄手敗走の事
  • (第廿八)
  • 摩耶の寄手敗北の事
  • 瀬川合戦の事並京勢引退く事
  • (第廿九)
  • 桂川合戦の事並赤松勢京都へ攻入る事
  • 持明院六波羅へ行幸の事並京都軍の事
  • (第三十)
  • 赤松勢苦戦の事
  • 赤松軍議の事

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 楠廷尉秘鑑 : 今古実録
著作者等 編輯人不詳
書名ヨミ クスノキ テイイ ヒカン : キンコ ジツロク
書名別名 Kusunoki teii hikan
巻冊次 第2編 下巻
出版元 栄泉社
刊行年月 明18.3
ページ数 14冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
41005937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想