小僧殺横浜奇談 : 今古実録

編輯人不詳

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 雨宮庄左衛門の事並庄五郎生立の事
  • 庄五郎好文堂の内弟子となる事
  • 庄五郎相弟子を唆かし銭を奪ふ事
  • 庄五郎好文堂を放逐の事並庄五郎父母を欺く事
  • 庄左衛門庄五郎に異見の事並小僧三ケ条の事
  • 源吉庄五郎喧嘩の事並庄五郎遺恨を含む事
  • 源吉雨を侵して釣する事並庄五郎遺恨を報す事
  • 源兵衛怒て庄左衛門を誥る事並庄左衛門実直の事
  • 露木良斉庄左衛門が実義を語る事
  • 源兵衛庄左衛門が為に悲歎の事並庄五郎逐電の事
  • 庄五郎江戸見物の事並庄五郎奸計を廻す事
  • 念仏六兵衛が事並庄五郎風間が厄介となる事
  • 庄五郎甘言を以て七兵衛を計る事
  • 庄五郎正業に就事並悪少年聊か改心の事
  • 七兵衛我善悪を庄五郎に問事並七兵衛直言の事
  • 風間雨宮が素性を知る事
  • 庄五郎慚愧の事
  • 七兵衛懺悔噺の事
  • 七兵衛本所へ煙草店を出す事並お滝病気遺言の事
  • お滝疑念を散じて死去の事
  • 七兵衛夢に依て死期を知事
  • 七兵衛徃生を遂る事並庄五郎浅草奥山に遊ぶ事
  • 庄五郎美人に逢ふ事
  • 庄五郎酔てお花を挑む事並お花証拠を望む事
  • 庄五郎お花に所持金を預る事並庄五郎帰宅の事
  • お虎婆々庄五郎を欺く事並庄五郎所々奔走の事
  • 庄五郎梅本のお花が素性を聞事
  • 庄五郎博奕打となる事
  • 源吉出府の仔細を語る事
  • 源吉庄五郎方へ同居する事
  • 悪二女履歴の事並悪徒悪婦に迫る事
  • 庄五郎大金を望む事並源吉計ずお虎を殺す事
  • お花怒て源吉が小指を喰切事並庄五郎乱暴の事
  • お虎が妄念源吉を悩す事
  • 源吉が病の為に長家一同迷惑の事
  • 庄五郎野良猫平兵衛を便る事
  • 医師広瀬宗元が娘お浜の事
  • 庄五郎お録を計る事並お録恋の取持を諾ふ事
  • お録隣家の処女を説事並お浜貞心発明の事
  • お録怒て与四郎を撃事並与四郎浅吉を唆かす事
  • 浅吉お録が髪の毛を切事
  • 庄五郎痴情を語る事並庄五郎藤沢駅へ赴く事
  • 庄五郎米屋四郎兵衛が子分となる事
  • 庄五郎図らずお虎婆々に会事
  • 庄五郎八丈島へ流罪の事
  • 庄五郎一度古郷へ帰る事並庄五郎兄に対面の事
  • 庄太郎過去の物語りをする事
  • 庄五郎竹馬の友に会事
  • 庄五郎照屋忠右衛門と改名の事並娼妓浜萩の事
  • 孝女お浜履歴の事並忠右衛門浜萩を身受する事
  • お浜病死の事並忠右衛門身代限りの事
  • 照屋忠右衛門悪計を巧む事
  • 浅次郎父母を訪事並浅次郎孝心の事
  • 忠右衛門密に浅次郎を縊殺す事
  • 松野方にて浅次郎が行方穿鑿の事
  • 椎津安兵衛途中にて松野屋の騒動を聞事
  • 忠右衛門神経病に犯さるる事
  • 浅次事が霊魂父母を慰むる事
  • お房浅次郎が死骸を引取事並左右田金作慈善の事

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小僧殺横浜奇談 : 今古実録
著作者等 編輯人不詳
書名ヨミ コゾウゴロシ ヨコハマ キダン : キンコ ジツロク
出版元 栄泉社
刊行年月 明18.9
ページ数 65丁
大きさ 23cm
全国書誌番号
41006008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想