大岡政談越後伝吉之伝

編輯人不詳

序: 梅亭鵞叟;共同刊行: 正札屋

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 伝吉孝行の事
  • 伝吉江戸へ奉公に出る事
  • 伝吉柏原にて破屋に泊る事
  • 伝吉お専が心を感ずる事
  • 伝吉江戸吉原三浦屋方へ奉公に住込事
  • 伝吉自分の金を出して客人の忿りを宥る事
  • 伝吉暇を取金子懐中して故郷く帰る事
  • 伝吉道中にて悪漢に出逢難儀の事
  • 旅籠屋の下女働きにて騙子を捕ゆる事
  • 伝吉我家へ帰り証拠の品紛失の事
  • 伝吉酒宴を設け村中の人を饗応事
  • お専衒の本人◇顕す事
  • 村の人人取持にて伝吉お専夫婦となる事
  • 伝吉お専与惣次方へ引移る事
  • 上台憑司奸計の事
  • 伝吉銭実の罪にて拷問に懸る事
  • お専与惣次牢内にて伝吉に逢ふ事
  • 酒井讃岐守殿中仙道〓御登りの事
  • 訴訟人相手方江戸表へ御呼出しの事
  • 大岡殿伝吉及同人妻専其外の者等呼出の事
  • 榊原家役人及願人相手方評定所へ出る事
  • 大岡殿猶又吟味の事
  • 細川越中守殿家来井戸源次郎呼出さるる事
  • 大岡殿林大学頭殿と談話の事
  • 一同の者又又評定所へ召出さるる事
  • 昌次郎夫婦江戸表へ出本郷へ住居の事
  • 一件落◇の事
  • 人殺し裁許の事
  • 実母継母御詮議の事
  • 密夫御詮議の事
  • 下総国不動院歎願の事
  • 盗賊人違ひ裁許の事
  • 過料金銭の事

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大岡政談越後伝吉之伝
著作者等 編輯人不詳
書名ヨミ オオオカ セイダン エチゴ デンキチ ノ デン
出版元 [ほか]
正札屋
刊行年月 明19.1
ページ数 146p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41005538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想