渋川流名誉柔術

岡田霞船 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一回 伴五郎幼稚にして力量を現す 浪士剣法を試みて大敗に及ぶ
  • 第二回 猛牛を挫ぎて伴五郎衆人を救 幡流軒謝物を辞して豪農を論
  • 第三回 両士相謀て一婦を奪んと欲す 伴五郎鎌倉に叔母親子を救ふ
  • 第四回 八幡社内に伴五郎大力を現す 小田原藩士大に渋川と激論す
  • 第五回 力士仁太夫両士を抛て大に誇 伴五郎怪力仁玉仁太夫を抛つ
  • 第六回 幡流軒憤怒て伴五郎を放逐す 魚屋治兵衛不図伴五郎を助る
  • 第七回 伴五郎魚売と成て市中を商ふ 凶悍捕吏を悩て伴五郎に捕る
  • 第八回 渋川妄談を誤解て遊里に趣き 深夜家に帰て不図強賊を縛す
  • 第九回 伴五郎怪獣を退治て災害を醸 地変俄に起て伴五郎九死を免
  • 第十回 渋川吉岡地蔵岳に山賊を誅す 鬼女伴五郎を脅迫て却て討る
  • 第十一回 渋川旅宿に在て姉玉女を奪る 伴五郎死を極て政次郎に会す
  • 第十二回 貞婦悪漢に捕れて山中に苦む 渋川悪漢を殺して郡山に趣く
  • 第十三回 地変を冒して渋川象頭山に登 伴五郎越後浪士と武術を試む
  • 第十四回 幡流軒試合に及で軍刀斉を懲 大島遺恨を懐て渋川を暗殺す
  • 第十五回 浪士等相議して再度悪意を懐 孀婦病中に世の無状を悲歎す
  • 第十六回 伴五郎父の横死を涕泣嘆嗟す 深夜刺客を捕へて敵情を探る
  • 第十七回 渋川強勇六道辻に衆敵を撃つ 伴五郎赤心金の遺失人を尋る
  • 第十八回 渋川幼児を扶て仇討を為しむ 伴五郎一派を開て雷名に及ぶ

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 渋川流名誉柔術
著作者等 岡田 霞船
書名ヨミ シブカワリュウ メイヨ ジュウジュツ
書名別名 Shibukawaryu meiyo jujutsu
出版元 大川屋
刊行年月 明25.3
ページ数 197p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41006154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想