頼豪阿闍梨怪鼠伝

滝沢馬琴 著 ; 魁蕾痴叟 評

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一套 天野岡鷺木曽殿の陣に使す覚明叡山に頼豪の故事を説 / 1
  • 第二套 義仲怒て猫間を罵る光隆憤て館舎を捐つ / 8
  • 第三套 為久粟津に義仲を射る光実鎌倉に義高を覘ふ / 15
  • 第四套 大姫急を告て両人を走す唐系入間川に客をとどむ / 20
  • 第五套 唐系が計親類を殺す光澄夜る義高を撃つ / 27
  • 第六套 血刀を挈て唐糸為久に説讐家に事て義夫大姫を慰む / 38
  • 第七套 日比の山に頼豪義高を誘ふ粟津の原に光実猫鼠を論ず / 46
  • 第八套 鶴岡社頭に頼朝行僧を認る鎌倉営中に西行文武を談ず / 58
  • 第九套 薬師堂の辺に重忠義高を訝る由井の海辺に怪鼠光実を笑ふ / 67
  • 第十套 西行猫を邨童に与ふ光実窃に悪棍を刺す / 72
  • 第十一套 頼朝の智麻衣の歌を解く嫩子の勇唐糸が逆を禦ぐ / 78
  • 第十二套 箱根山に為久元を喪ふ賽の河原に幽魂主を諫む / 90
  • 第十三套 正忠孤忠幼主に仕ふ葎戸心烈乳汁を売る / 98
  • 第十四套 金を喪ふて瞽女老を泣く玉を埋めて窮士起行す / 106
  • 第十五套 夭竜川の上に忠臣節婦に逢ふ富田の旅館に重忠竹川を賞す / 115
  • 第十六套 乞児月下に各各志をいふ榛沢営中に潜に客を迎ふ / 124
  • 第十七套 重忠大に義高を◇待す光実進で唐糸を鞠問す / 130
  • 第十八套 仮を弄して大姫初て真を認る明を失して義高更に空に帰す / 138

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 頼豪阿闍梨怪鼠伝
著作者等 曲亭 馬琴
魁蕾 痴叟
滝沢馬琴
書名ヨミ ライゴウ アジャリ カイソデン
出版元 健捷堂
刊行年月 明44.9
ページ数 154p
大きさ 23cm
全国書誌番号
41005057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想