資本主義は海洋アジアから

川勝平太 著

なぜイギリスと日本という辺境の島国が経済大国になれたのか。それは決して偶然ではない。海洋アジアとの競争・脱却という視点で説明できるのだ-。近代資本主義を生み出した知られざるメカニズムを、巨大な視野から大胆に解明するスリリングな歴史書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 起之章 海洋アジアと近代文明(東南アジア-近代文明の母胎
  • 東南アジア-自由貿易の原型 ほか)
  • 承之章 「近代資本主義」批判(経済発展の二つの道-日本とイギリス
  • 大塚久雄批判-紳士の営利活動 武士の経世済民 ほか)
  • 転之章 脱亜して海洋アジアへ(二つの脱亜文明
  • 脱亜文明の歴史 ほか)
  • 結之章 日本文明の来歴と将来(平城京から発想する
  • 奈良時代の後の一三〇〇年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義は海洋アジアから
著作者等 川勝 平太
書名ヨミ シホン シュギ ワ カイヨウ アジア カラ
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 か5-3
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2012.4
ページ数 270p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19635-6
NCID BB08952586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22084654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想