旬殿実々記

滝沢馬琴 著

[目次]

  • 目次
  • 心猿第一 猿沢池 証句 岩に花猿の物おもふところ◇ 涼兎
  • 心猿第二 猿田彦 証句 元日や猿に着せたる猿の面 芭蕉
  • 心猿第三 猿腰掛 証句 染残す松にかくるや猿の尻 羅文
  • 心猿第四 猿滾落 証句 母猿を階子にしてや峰の花 大町
  • 心猿第五 猿小柿 証句 木食の江湖◇けり木葉猿 寸楚
  • 心猿第六 猿蔓蘿 証句 初しぐれ猿を小蓑をほしげ◇ 芭蕉
  • 心猿第七 猿醸酒 証句 猿のよる酒屋きはめて桜かな 其角
  • 心猿第八 猿番場 証句 元日や夫婦の中に猿の膝 百里
  • 心猿第九 猿股提上 証句 物着せて猿のすねたる暑哉 朝叟
  • 心猿第十 猿猴橋 証句 腸を塩にさけぶや雪の猿 晋子
  • 心猿第十一 猿股引 猿索は猿の羽織をきぬる哉 芭蕉
  • 心猿第十二 猿猴楽 証句 七猿の仲間に踊る師走かな 冠里

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 旬殿実々記
著作者等 曲亭 馬琴
滝沢馬琴
書名ヨミ シュンデン ジツジツキ
書名別名 Shunden jitsujitsuki
シリーズ名 古今小説名著 ; 二帙第18巻
出版元 九皐館
刊行年月 明26.7
ページ数 233p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41004750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想