内村鑑三と再臨運動 : 救い・終末論・ユダヤ人観

黒川知文 著

再臨運動を内村の信仰形成史の中に位置づけ、また同時代人の受容と批判をつぶさに検討、さらに内村のユダヤ人観との関わりを考究し、この特異な運動に多角的に迫った労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 内村鑑三の救い(救いの備え
  • 救いの体験 ほか)
  • 第2章 大正期再臨運動の経緯(準備期(一九一七年五月〜一二月)
  • 開始・高揚期(一九一八年一月一五日) ほか)
  • 第3章 再臨運動の思想的背景(内村鑑三の再臨論
  • 再臨批判者と批判論 ほか)
  • 第4章 内村鑑三とユダヤ人(内村鑑三のユダヤ人観
  • 内村鑑三の生涯とユダヤ史 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内村鑑三と再臨運動 : 救い・終末論・ユダヤ人観
著作者等 黒川 知文
書名ヨミ ウチムラ カンゾウ ト サイリン ウンドウ : スクイ シュウマツロン ユダヤジンカン
出版元 新教出版社
刊行年月 2012.3
ページ数 310p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-400-31050-1
NCID BB08919172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22085813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想