股間若衆 : 男の裸は芸術か

木下直之 著

露出か隠蔽か修整か?"古今"日本人美術家たちによる、男性の裸体と股間の表現を巡る葛藤と飽くなき挑戦。"曖昧模っ糊り"の謎を縦横無尽に追求する本邦初、前代未聞の研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 股間若衆
  • 第2章 新股間若衆
  • 第3章 股間漏洩集-こばれ落ちた問題の数々
  • 付録 股間巡礼(股間若衆の予備軍 小便小僧に会いに行く
  • 生息地探索
  • 股間もいろいろ
  • 考える人たち
  • モデルコース1-西武池袋線沿線をゆく
  • モデルコース2-城下町金沢になごむ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 股間若衆 : 男の裸は芸術か
著作者等 木下 直之
書名ヨミ コカン ワカシュウ : オトコ ノ ハダカ ワ ゲイジュツ カ
書名別名 Kokan wakashu
出版元 新潮社
刊行年月 2012.3
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-332131-6
NCID BB08853165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22083259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想