曲亭馬琴文粋  南総里見八犬伝の巻

桑田春風 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 南総里見八犬伝鈔 / 1
  • 〔一〕 安房へ渡らんと欲して風雨に逢ふ / 2
  • 〔二〕 白竜雲を挟みて南に帰く / 5
  • 〔三〕 一箭を飛はして侠者白馬を誤つ / 10
  • 〔四〕 小湊に義実義を聚む / 15
  • 〔五〕 定包の命漸く旦夕に迫る / 22
  • 〔六〕 淫婦玉梓が最後の怨念 / 28
  • 〔七〕 孝吉節義義実に辞す / 35
  • 〔八〕 行者の岩窟に翁伏姫を相す / 39
  • 〔九〕 戯言を信けて八房首級を献る / 45
  • 〔十〕 富山の奥に伏姫行ひ澄す / 50
  • 〔十一〕 情を含みて浜路憂苦を訴ふ / 53
  • 〔十二〕 芳流閣上両雄の格闘 / 58
  • 〔十三〕 夫婦の義死信乃の苦難を拯ふ / 63
  • 〔十四〕 三犬士法場に額蔵を奪ふ / 69
  • 〔十五〕 道節四犬士を救うて父仇を報ず / 74
  • 〔十六〕 旦開野饗宴に一曲を舞ふ / 80
  • 〔十七〕 旦開野季武を殺して小文吾と盟ふ / 83
  • 〔十八〕 船虫奸計雛衣を送り来る / 91
  • 〔十九〕 腹を劈いて雛衣讐を仆す / 95
  • 〔二十〕 猿石の旅宿に浜路浜路を誘ふ / 103
  • 〔二十一〕 道節眼代と称して信乃浜路を捕ふ / 109
  • 〔二十二〕 信乃道節甲主に謁す / 114
  • 〔二十三〕 乞丐児毛野荘介と戦ふ / 122
  • 〔二十四〕 青柳の歇店に毛野詩歌を題す / 127
  • 〔二十五〕 賢女人を知りて二犬士を遁れしむ / 133
  • 〔二十六〕 盗賊を捕へて二犬士寃を雪ぐ / 139
  • 〔二十七〕 鈴が森に毛野縁連を撃つ / 147
  • 〔二十八〕 品革の原に道節定正を趁ふ / 155
  • 〔二十九〕 神童再び出世して厄に老侯に謁す / 162
  • 〔三十〕 親兵衛伏姫の霊助を説く / 166
  • 〔三十一〕 義実観音堂に詣ず / 171
  • 〔三十二〕 妙椿尼山居に敗将を誘引ふ / 176
  • 〔三十三〕 妖尼妙椿の奸計 / 182
  • 〔三十四〕 神霊魔を懲して処女を全うす / 187
  • 〔三十五〕 親兵衛魔を破り賊を夷ぐ / 195
  • 〔三十六〕 丶大庵の厄に親兵衛伴を喪ふ / 202
  • 〔三十七〕 八犬十迎使を俟ちて穂北を発す / 211
  • 〔三十八〕 八行の霊玉光を良主に増す / 217
  • 〔三十九〕 親兵衛命を受けて京師に使す / 224
  • 〔四十〕 管領邸に禍児親兵衛を抑む / 220
  • 〔四十一〕 餠書教に因りて秘密を告ぐ / 226
  • 〔四十二〕 花々しき親兵衛の試合振 / 246
  • 〔四十三〕 白河山に与四郎小姐を救ふ / 256
  • 〔四十四〕 談講谷に親兵衛暴虎を射る / 267
  • 〔四十五〕 親兵衛薬師堂に勅使に接す / 277
  • 〔四十六〕 毛野大角丶大を説き伏す / 291
  • 〔四十七〕 水陸応戦の隊配成る / 295
  • 〔四十八〕 一慮を挟みて現八橋梁を断つ / 300
  • 〔四十九〕 八百八人毛野大敵を鏖にす / 307
  • 〔五十〕 戦敗れて管領頭髻を切る / 318
  • 〔五十一〕 勅使諚使東下して功臣を賞す / 325
  • 〔五十二〕 東西和睦して六使歓び還る / 331
  • 〔五十三〕 信乃成氏を送りて父祖の遺訓を果す / 337
  • 〔五十四〕 義成功臣を重賞して八女を妻はす / 344

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 曲亭馬琴文粋
著作者等 曲亭 馬琴
桑田 春風
滝沢 馬琴
書名ヨミ キョクテイ バキン ブンスイ
書名別名 Kyokutei bakin bunsui
巻冊次 南総里見八犬伝の巻
出版元 岡村書店
刊行年月 明45.2
ページ数 348p
大きさ 16cm
NCID BA45232716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41004635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想