21世紀刑法学への挑戦 : グローバル化情報社会とリスク社会の中で

ウルリッヒ・ズィーバー 著 ; 甲斐克則, 田口守一 監訳

[目次]

  • 第1部 中心的な研究の問題への導入:フライブルクのマックス・プランク外国・国際刑法研究所における新たな研究プログラム(刑法の限界-マックス・プランク外国・国際刑法研究所における新たな刑法研究プログラムの基盤とその取組み)
  • 第2部 グローバル化の挑戦(ヨーロッパ刑法の将来-ヨーロッパ刑法体系の目標とそのモデルに関する新たなアプローチ
  • 刑法の調和化の背後にある力
  • 変わりゆく比較刑法-比較刑法学の任務、方法および理論的アプローチ)
  • 第3部 リスク社会の挑戦(テロによる暴力の前段階における危殆化犯の正統性と限界-「国家を危うくする重大な暴力行為の準備を訴追するための法律草案」における前置構成要件の分析
  • 企業刑法におけるコンプライアンス・プログラム-経済犯の統制のための新構想
  • リヒテンシュタイン事件における捜査-問題点と一次的回答)
  • 第4部 情報社会の挑戦(グローバルなサイバースペースにおける複雑性の統御:コンピュータ関連刑法の調和化
  • インターネットにおける児童ポルノ遮断義務-2009年5月5日の法案(BT‐Drucks.16/12850)の評価と展開
  • 現代情報技術の条件下における医師・患者間の秘密の刑法上の保護)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀刑法学への挑戦 : グローバル化情報社会とリスク社会の中で
著作者等 Sieber, Ulrich
田口 守一
甲斐 克則
ズィーバー ウルリッヒ
書名ヨミ 21セイキ ケイホウガク エノ チョウセン : グローバルカ ジョウホウ シャカイ ト リスク シャカイ ノ ナカ デ
書名別名 Die Herausforderungen an die Strafrechtswissenschaft im 21. Jahrhundert
シリーズ名 Waseda University Comparative Law Study Series 39号
早稲田大学比較法研究所叢書 39号
出版元 早稲田大学比較法研究所 : 成文堂
刊行年月 2012.3
ページ数 557p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-3290-7
NCID BB08772755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22084813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想