俳諧竹乃杖 : 一千里俳旅行

土岐岐南堂 著

[目次]

  • 目次
  • 一 首から陽炎 / 1
  • 二 富士百哩 / 6
  • 三 桃の落花 / 9
  • 四 浜松城址 / 11
  • 五 膏雨晴れ / 14
  • 六 蛤化して雀となる / 16
  • 七 岡崎城址 / 18
  • 八 颯颯の荘 / 20
  • 九 わが故郷 / 23
  • 十 蘇水の朝 / 29
  • 十一 語り明す一夜 / 31
  • 十二 冥土迄は行かぬ旅 / 33
  • 十三 忙がしき案句 / 37
  • 十四 吹霞園の句会 / 41
  • 十五 外宮と内宮と二見 / 43
  • 十六 朝熊登り / 47
  • 十七 主人の知らぬ饗応 / 51
  • 十八 芭蕉翁故郷塚 / 52
  • 十九 逃出す奈良 / 56
  • 二十 桜追駈くる車 / 58
  • 二十一 吉野山 / 61
  • 二十二 とくとくの清水 / 63
  • 二十三 雨中の絶勝 / 65
  • 二十四 紀三井の夕灯 / 66
  • 二十五 和歌浦の名残 / 70
  • 二十六 懐かしき大津 / 72
  • 二十七 嬉しきも泪 / 73
  • 二十八 十八楼 / 78
  • 二十九 皆涼の記 / 80
  • 三十 敦賀の寒み / 83
  • 三十一 北国日和 / 85
  • 三十二 福井よいとこ / 88
  • 三十三 山中温泉 / 90
  • 三十四 鱒潜む岩 / 93
  • 三十五 芭蕉も知らぬ水夏行 / 95
  • 三十六 山の表裏 / 98
  • 三十七 道程の半 / 100
  • 三十八 独力経営の名園 / 102
  • 三十九 兼六公園 / 107
  • 四十 高岡公園 / 109
  • 四十一 十七年目の邂逅 / 111
  • 四十二 右は立山左は有磯海 / 112
  • 四十三 奇なる哉蜃気楼 / 115
  • 四十四 蛍烏賊 / 119
  • 四十五 五月広寒骨を剌す / 120
  • 四十六 牛ともならで善光寺 / 122
  • 四十七 姥捨山 / 124
  • 四十八 浅間温泉 / 126
  • 四十九 俳諧寺 / 128
  • 五十 高田の句会 / 131
  • 五十一 スキー / 133
  • 五十二 越路の家 / 135
  • 五十三 新潟美人 / 136
  • 五十四 激浪と戦ふ十三時間 / 139
  • 五十五 絶勝日和山 / 141
  • 五十六 疲労の夢 / 144
  • 五十七 山間車上十六里 / 145
  • 五十八 丈なす雪を蹴て進む / 148
  • 五十九 抑抑何もの / 151
  • 六十 蚤虱鼾攻め / 153
  • 六十一 秋田蕗 / 156
  • 六十二 八郎潟の美 / 158
  • 六十三 鷹揚園 / 160
  • 六十四 焼跡の青森 / 162
  • 六十五 別れ惜き浅虫温泉 / 165
  • 六十六 汽車は炎の中を走る / 167
  • 六十七 杜陸公園 / 170
  • 六十八 売薬の行商先生 / 177
  • 六十九 霧の松島 / 180
  • 七十 日の出の松島 / 183
  • 七十一 扶桑第一景 / 185
  • 七十二 誰松島の片心 / 189
  • 七十三 風流車夫 / 192
  • 七十四 白河の古関 / 195
  • 七十五 生命と七十銭 / 196
  • 七十六 那須の大平原 / 199
  • 七十七 殺生石 / 201
  • 七十八 病院の如き温泉 / 204
  • 七十九 又しても不思議の邂逅 / 206
  • 八十 聞是三昧 / 208

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 俳諧竹乃杖 : 一千里俳旅行
著作者等 土岐 岐南堂
書名ヨミ ハイカイ タケ ノ ツエ : イッセンリ ハイリョコウ
書名別名 Haikai take no tsue
出版元 岐南
刊行年月 明44.9
ページ数 212p
大きさ 15cm
全国書誌番号
41002641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想