死と生 : ビルマ戦中日記

林禮二 著

哲学の道を目指していた若者が、最悪の戦場ビルマ戦線に送られた。出征から南方派遣、数々の戦闘、敗戦、収容所生活を経て復員するまで、肌身離さず書き続けた日記を、九十二歳になったいま公開する。記載は一九四二年十二月から一九四七年十月に及ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 常に理性的であれ
  • 2 身を持するに冷嚴なれ
  • 3 何よりも道徳的であれ
  • 4 何よりも善き人間たれ
  • 5 高潔
  • 第三の人生
  • 最後の旅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死と生 : ビルマ戦中日記
著作者等 林 礼二
林 禮二
書名ヨミ シ ト セイ : ビルマ センチュウ ニッキ
書名別名 Shi to sei
出版元 連合
刊行年月 2012.3
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89772-264-1
NCID BB0952158X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想