住民幸福度に基づく都市の実力評価 : GDP志向型モデルから市民の等身大ハッピネス(NPH)へ

千田俊樹 編著 ; 上山信一 監修 ; 玉村雅敏 副監修

経済成長で「幸せ」になれるのか!?これからの地域経営、都市政策では「拡大成長」よりも「住民の一人ひとりの幸せ」を考えるべきだ。本書は「幸せ」の意味を問い直し、幸福度の指標とそれを策定する現状分析の手法を詳述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 都市の実力評価の視点(変わる評価の「ものさし」
  • 新たな評価の枠組み-GDPからNPHへ)
  • 第2部 幸福度の具体的評価とその背景(NPHから新潟市の実力を評価する
  • 「社会とのつながり」を点検する
  • 「環境・アメニティ」を点検する
  • 「雇用・所得」を支える地域産業を点検する)
  • 第3部 自治体シンクタンクのすすめ(自治体シンクタンクの意義と役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 住民幸福度に基づく都市の実力評価 : GDP志向型モデルから市民の等身大ハッピネス(NPH)へ
著作者等 上山 信一
千田 俊樹
玉村 雅敏
書名ヨミ ジュウミン コウフクド ニ モトズク トシ ノ ジツリョク ヒョウカ : GDP シコウガタ モデル カラ シミン ノ トウシンダイ ハッピネス NPH ヘ
出版元 時事通信出版局 : 時事通信社
刊行年月 2012.3
ページ数 225p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7887-1175-4
NCID BB08667003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22079180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想