酒は最高のサプリメント

山本祥一朗 著

酒の効用、サプリメントとしての効用は、酒好きなら言わずもがなだが、上戸の医師が酒に寛容なのに対し、下戸の医師は酒害を説く。そんな医師による健康書は多いが、「飲酒が仕事」の立場から体験的な酒による健康法、うまい飲み方を明かした本はあまりない。筆者の四十年余に及ぶ酒をテーマにした著述生活から得た、実践的な飲酒による健康法をここに集大成する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 肝臓の不安を解消し飲む章(スポーツで救われた
  • うまく飲むにはメリハリこそ大切 ほか)
  • 第2章 胃腸の不安を解消し飲む章(手術はしないに越したことはない〜進歩した内科薬
  • 胃酸減少気味には食前に少量の酢 ほか)
  • 第3章 前立腺の不安を解消し飲む章(出滞り、頻尿の不快
  • 保存療法か切除法か ほか)
  • 第4章 不安解消、さあどう飲むかの章(純粋な酒なら二日酔いに縁遠いか?
  • 健康酒も過ぎれば不健康 ほか)
  • 酒を最高のサプリメントにできる人は幸わせである-酒を嗜む上での補稿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒は最高のサプリメント
著作者等 山本 祥一朗
書名ヨミ サケ ワ サイコウ ノ サプリメント
出版元 ペガサス
刊行年月 2012.3
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89332-060-5
NCID BB09915836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22053594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想