仁義なき日本沈没 : 東宝vs. 東映の戦後サバイバル

春日太一 著

境界線は一九七三年。その年に公開された『仁義なき戦い』と『日本沈没』の大ヒットによって、日本映画の"戦後"は葬られ、新たな時代の幕が開いた。東宝・東映の両社は、いかにして斜陽期をサバイブしたのか。なぜ昔の日本映画にはギラギラとした活気がみちあふれていたのか-。エリートVS.梁山泊、偉大な才能の衝突、経営と現場の軋轢など、撮影所の人間模様を中心に描く、繁栄と衰亡に躍った映画人たちの熱きドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二つの戦後-東宝争議と東横映画(東宝争議
  • 東映の誕生)
  • 第2章 時代劇戦争(日本映画の活況
  • 二本立て興行の確立 ほか)
  • 第3章 岡田茂と藤本真澄の斜陽期サバイバル(鬼の岡田
  • 岡田茂の改革 ほか)
  • 第4章 戦後日本の総決算-『仁義なき戦い』から『日本沈没』へ(『仁義なき戦い』のスタート
  • 脚本のバイタリティ ほか)
  • 最終章 幸福な関係の終焉(二本立て興行の終わり
  • フリーブッキングの時代へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仁義なき日本沈没 : 東宝vs. 東映の戦後サバイバル
著作者等 春日 太一
書名ヨミ ジンギ ナキ ニホン チンボツ : トウホウ vs. トウエイ ノ センゴ サバイバル
書名別名 Jingi naki nihon chinbotsu
シリーズ名 新潮新書 459
出版元 新潮社
刊行年月 2012.3
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610459-6
NCID BB08612759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22070139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想