歌論類纂

平惇 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 国歌八論 荷田在満著
  • 歌源論 / 論1
  • 翫歌論 / 論7
  • 択詞論 / 論9
  • 避詞論 / 論12
  • 正過論 / 論14
  • 官家論 / 論18
  • 古学論 / 論21
  • 準則論 / 論27
  • 国歌八論斥非 大菅〓美著
  • 歌源論 / 斥1
  • 翫歌論 / 斥7
  • 択詞論 / 斥15
  • 避詞論 / 斥16
  • 正過論 / 斥16
  • 官家論 / 斥20
  • 古学論 / 斥23
  • 準則論 / 斥25
  • 国歌八論評 伴資芳著
  • 歌源論 / 評1
  • 翫歌論 / 評2
  • 択詞論 / 評5
  • 避詞論
  • 正過論
  • 官家論 / 評7
  • 古学論 / 評8
  • 準則論 / 評10
  • 国歌八論余言 田安宗武著
  • 歌のみなもとの論 / 余1
  • 歌をもてあそぶの論 / 余2
  • 詞を◇らぶの論 / 余4
  • 詞をさくるの論 / 余6
  • 過をただすの論 / 余7
  • 大宮人の歌をほしいままにするの論 / 余7
  • 歌をまなぶの論 / 余7
  • 歌の道盛んなる世と廃たれたる世とをわきま◇るの論 / 余9
  • 新らしき物の名を歌によむの論 / 余12
  • 歌をたしむの論 / 余13
  • 国歌八論余言拾遺 加茂真淵著
  • 歌のみなもとの論 / 遺2
  • 歌をもてあそぶの論 / 遺4
  • 詞をえらぶの論 / 遺7
  • 詞をさくるの論 / 遺11
  • 歌をまなぶの論 / 遺14
  • 歌の道盛んなる世と廃たれたる世とをわきまふるの論 / 遺17
  • 国歌八論余言拾遺補逸 加茂真淵著
  • 歌のみなもとの論 / 補1
  • 歌をもてあそぶの論 / 補3
  • 詞をえらぶの論 / 補8
  • 詞をさくるの論 / 補12
  • 過をただすの論 / 補14
  • 大宮人の歌をほしいままにするの論 / 補15
  • 歌をまなぶの論 / 補16
  • 歌の道盛んなる世と廃たれたる世とをわきまふるの論 / 補19
  • 新らしき物の名を歌をよむの論 / 補19
  • 歌をたしむの論 / 補20

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 歌論類纂
著作者等 平 惇
書名ヨミ カロン ルイサン
書名別名 国歌八論余言 / 田安宗武

国歌八論余言拾遺・同補逸 / 加茂真淵

国歌八論斥非 / 大菅[サン]美

国歌八論評 / 伴資芳

国歌八論 / 荷田春満

Karon ruisan
出版元 美文社
刊行年月 明26.6
ページ数 178p
大きさ 22cm
NCID BA31909820
BB08034029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41001148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
國歌八論 荷田春滿
國歌八論斥非 大菅瓉美
國歌八論評 伴資芳
國歌八論餘言 田安宗武
國歌八論餘言拾遺 加茂眞淵
國歌八論餘言拾遺補逸 加茂眞淵
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想