近代国家の形成

明治維新史学会 編

廃藩置県によって中央集権国家を誕生させた明治政府は、欧米列強と対峙できるような国家の建設を目指して、次々と近代化(西洋化)政策を強行していく。しかし、そのなかで政府内部の対立も激化、士族や民衆の不満も鬱積していき、ついには征韓論政変・西南戦争・自由民権運動の勃興といった激震が政府を見舞った。やがて明治14年政変によって立憲政体への道が示されていく、近代国家建設を目指した熱い時代を多くの論点から描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 近代国家の形成
  • 1 文明開化政策の展開
  • 2 征韓論政変と大久保政権
  • 3 近代化と士族-士族反乱の歴史的位置
  • 4 自由民権運動と明治一四年の政変
  • 5 太政官制の構造と内閣制度
  • 6 国境の画定
  • 7 明治天皇の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代国家の形成
著作者等 明治維新史学会
書名ヨミ キンダイ コッカ ノ ケイセイ
書名別名 Kindai kokka no keisei
シリーズ名 講座明治維新 4
出版元 有志舎
刊行年月 2012.3
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-903426-54-9
NCID BB08619656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22051638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想