突然のキス : 恋愛で読み解く日本文学

植島啓司 著

ヒロインは、なぜこの場面でこのように不可解な行動に出たのか。真実はひとつに見えるが、男女の間ではそう簡単にはいかない-男女の感情の行き違い、誤解、あるいは逆に思いやりによって引き起こされる思いもかけない言動の数々。日本近現代文学の恋愛小説の名作を取り上げ、著者自身の恋愛体験に照らしながら、主人公たちの謎に満ちた振舞いを解明する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『神隠し』藤沢周平
  • 『誰も知らぬ』太宰治
  • 『事件』大岡昇平
  • 『ねむり姫』澁澤龍彦
  • 『三匹の蟹』大庭みな子
  • 『眠れる美女』川端康成
  • 『暗室』吉行淳之介
  • 『妓獲鳥の夏』京極夏彦
  • 『喜寿童女』石川淳
  • 『水の女』中上健次〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 突然のキス : 恋愛で読み解く日本文学
著作者等 植島 啓司
書名ヨミ トツゼン ノ キス : レンアイ デ ヨミトク ニホン ブンガク
書名別名 Totsuzen no kisu
シリーズ名 ちくま文庫 う35-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.3
ページ数 356p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42925-4
NCID BB08696078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22078577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想