他者の風来 : ルーアッハ・プネウマ・気をめぐる思索

宮本久雄 著

東西の思想を通しての「聖霊」探究。聖書におけるルーアッハ(神の霊、風)やプネウマ(聖霊、息吹き)は、三位一体論を超えていかに語りえるのか。旧約・ヘブライ思想(預言者、レヴィナス)や新約・キリスト教思想(イエスの受難)、東洋の神秘思想、根源悪などを鑑みながら考究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヘブライ・旧約的霊感(ルーアッハ)に拠る他者の地平(預言者-その根源 エヒイェ(脱在)・ルーアッハ(プネウマ)・ダーバール(言即事)の三一的相互関係
  • 存在の撹乱から他者"顔"の地平へ-E.レヴィナスの語り
  • 他者相生をめぐるヘブライ的解釈学とルーアッハ-気(ルーアッハ)、psychisme,inspiration)
  • 第2部 新約的霊感(プネウマ)に拠る他者の地平-アウシュヴィッツ・ヨハネ・想起の証し(現代において証し・証言するということ-ヨハネによる福音書のパラクレートス論とアウシュヴィッツ証言論を手がかりに
  • 他者の可能的地平とプネウマ(霊)-アウシュヴィッツのショアー(絶滅)とイエスのショアーへの証しをめぐって)
  • 第3部 後天開闢的火(気、霊風)からプロメテウスの火へ(水雲崔済愚の神秘体験-東学農民運動の根源(至気・侍天主)から現代の共生へ
  • プロメテウスの火とプネウマの火)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 他者の風来 : ルーアッハ・プネウマ・気をめぐる思索
著作者等 宮本 久雄
書名ヨミ タシャ ノ フウライ : ルーアッハ プネウマ キ オ メグル シサク
書名別名 Tasha no furai
出版元 日本キリスト教団出版局
刊行年月 2012.2
ページ数 268, 3p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8184-0802-9
NCID BB0886244X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22075732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想