ブラックボーイ : ある幼少期の記録  下

リチャード・ライト 作 ; 野崎孝 訳

南部の親戚を転々とし日銭を稼ぐなか九年級卒業が近づく。少年は総代になるが、校長の草稿を拒否し自分の演説で押し通す。何を書くか、いかに書くか。白人の図書カードで借りた批評家メンケンの本に文学の可能性を見た、19歳の決断-北部への脱出。シカゴ行き列車に、自由を賭けて。自伝小説。

「BOOKデータベース」より

職を転々とする貧しい生活の中で、ライトは、ふと物語を書くことを思い付く。「ぼくは北部へ行って本を書き、小説を書くことを夢に描いた。ぼくにとっての北部は、自分がまだ感じたことのないものや、見たことのないもの、そのすべてを象徴する存在であった」-19歳のライトは、メンフィスから北部の街シカゴ行の汽車に乗り南部を脱出する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブラックボーイ : ある幼少期の記録
著作者等 Wright, Richard
野崎 孝
ライト リチャード
リチャード・ライト
書名ヨミ ブラック ボーイ : アル ヨウショウキ ノ キロク
書名別名 Burakku boi
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1962
ページ数 181p
大きさ 16cm
ISBN 4003232828
NCID BB00650153
BN02498939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62007156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想