ピエールとリュース

ロマン・ロラン 著 ; 宮本正清 訳

「次の停留所では、大混雑だった。すでに満員の車内へ人々は叫びながら殺到した。ピエールは人の波にもまれ、押しやられたのに気づいた。円天井の上には、町の上には、上空には、鈍い爆音。列車は発車した。…車内では恐怖の叫び「独機が来たんだよ!」…彼の手は自分にさわっていた手をつかんでいた。そして眼を上げたときに、それが「彼女」だったのを見た。」第一次世界大戦下のパリ、ドイツ軍の空爆のなか、地下鉄で出会った二人。召集をうけていた良家の息子ピエールと、生活費を稼ぐための絵を画くリュースが、結ばれることは困難であると自覚しながらも想いを募らせる。『ジャン・クリストフ』『魅せられたる魂』を執筆し、ノーベル文学賞を受賞したロマン・ロランによる、平和への願いが込められたうるわしい二ヶ月の恋物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピエールとリュース
著作者等 Rolland, Romain
宮本 正清
ロラン ロマン
ロマン・ロラン
書名ヨミ ピエール ト リュース
書名別名 Pieru to ryusu
出版元 みすず書房
刊行年月 1965
版表示 新装版
ページ数 124p
大きさ 20cm
ISBN 4622072238
NCID BN08424425
BN08963000
BN09904732
BN15437041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65003366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想