和歌文学大系  52

久保田淳 監修

百人一首の歌人中納言藤原朝忠、清原元輔、平兼盛、源重之、伊勢神宮に斎王として奉仕したのち村上天皇の女御となった徽子女王、三条院の女蔵人で男性貴族達と対等に渡りあった小大君、あめつちの歌・双六盤の歌など実験的な詠歌の一方、万葉集の解読にも関わった和漢兼作の学者歌人源順-この七人の才子才媛の家集を一巻に収めた。王朝最盛期の宮廷を彩った和歌の数々は、大和言葉の美しさ・面白さを今に伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本文(朝忠集
  • 順集
  • 斎宮女御集
  • 元輔集
  • 兼盛集
  • 重之集
  • 小大君集)
  • 解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和歌文学大系
著作者等 久保田 淳
吉野 瑞恵
徳原 茂実
新藤 協三
西山 秀人
書名ヨミ ワカ ブンガク タイケイ
書名別名 三十六歌仙集. 2

Waka bungaku taikei
巻冊次 52
出版元 明治書院
刊行年月 2012.3
ページ数 508p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-625-42409-0
NCID BB08487045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22054390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
三十六歌仙集. 2 徳原茂実, 新藤 協三, 西山 秀人, 吉野 瑞恵
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想