新編国文読本  巻の2 下

国語研究会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • (第一) 三烈士 室鳩巣 / 1
  • (第二) 杉田壱岐の直諫 室鳩巣 / 8
  • (第三) 武田信繁 室鳩巣 / 15
  • (第四) 阿部忠秋 室鳩巣 / 20
  • (第五) 廉潔なる乞児 室鳩巣 / 23
  • (第六) 三宅尚斉の妻 伴蒿蹊 / 30
  • (第七) 仏佐吉 三熊介堂 / 31
  • (第八) 杉田玄白 大槻盤水 / 39
  • (第九) 本阿弥光悦 三熊介堂 / 44
  • (第十) 田中丘隅 山崎美成 / 49
  • (第十一) 野本安房 新井白石 / 53
  • (第十二) 雨森芳洲 三熊介堂 / 57
  • (第十三) 獄中書札 渡辺華山 / 66
  • (第十四) 風俗 室鳩巣 / 72
  • (第十五) 住居 雨森芳洲 / 74
  • (第十六) 流行 安積艮斉 / 75
  • (第十七) 内則 雨森芳洲 / 77
  • (第十八) 饗応 伊勢貞丈 / 80
  • (第十九) 衣食の急 橘南蹊 / 81
  • (第二十) 剃眉黒歯 貝原好古 / 83
  • (第二十一) 左袵 石原正明 / 84
  • (第二十二) 時宜 伴蒿蹊 / 86
  • (第二十三) 昔と今と 雨森芳洲 / 88
  • (第二十四) 武士 荻生徂徠 / 89
  • (第二十五) 服忌といふ事 伊勢貞丈 / 95
  • (第二十六) 謚号 石原正明 / 97
  • (第二十七) 喪祭 貝原篤信 / 99
  • (第二十八) 勇気 貝原篤信 / 100
  • (第二十九) 覚悟 安積艮斉 / 102
  • (第三十) 風雅の心 荻生徂徠 / 105
  • (第三十一) 理屈と道理との弁 三浦梅園 / 106
  • (第三十二) 教の説 大国隆正 / 108
  • (第三十三) 手のよしあしの論 斉藤彦麿 / 110
  • (第三十四) 赤穂四十七士の論 佐藤一斉 / 113
  • (第三十五) 救荒二物考題言 高野長英 / 114
  • (第三十六) 弘道館を建て給ふ事 藤田東湖 / 120

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新編国文読本
著作者等 国語研究会
國語研究會
書名ヨミ シンペン コクブン ドクホン
書名別名 Shinpen kokubun dokuhon
巻冊次 巻の2 下
出版元 富山房
刊行年月 明28-29
版表示 訂正
ページ数 10冊 (5巻)
大きさ 23cm
NCID BA48836765
BA79514333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40082181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想