ドストエーフスキー覚書

森有正 著

[目次]

  • 目次
  • I ドストエーフスキーの罪悪観-『罪と罰』の一考察- / 5
  • II ドストエーフスキーにおける絶望と死-『悪霊』の一考察- / 22
  • III スタヴローギンの精神像 / 45
  • IV コーリャ・クラソートキン-『カラマーゾフの兄弟』の中の一揷話- / 70
  • V ドストエーフスキーにおける「自由」の一考察-『大審問官』の場合- / 115
  • VI 『ロシアの僧侶』をめぐって-ドストエーフスキーにおける愛- / 137
  • VII ドストエーフスキーの『罪と罰』について / 158
  • VIII ドストエーフスキーにおける神と人 / 186
  • IX ドストエーフスキーにおける「善」について-『白痴』をめぐって- / 191
  • X 『人間』の発見-『死の家の記録』をめぐって- / 234
  • あとがき / 257
  • 改版あとがき / 259

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドストエーフスキー覚書
著作者等 森 有正
書名ヨミ ドストエーフスキー オボエガキ
シリーズ名 筑摩叢書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1967
ページ数 260p
大きさ 19cm
NCID BN03199015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67000398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想