マルテの手記

リルケ 著 ; 望月市恵 訳

青年詩人マルテは一人故郷を去ってパリに出た。不安と恐怖、絶望と焦燥-孤独な生活の中で、マルテは深く内的な世界に沈潜し、日々の経験と幼き日の思い出を書き綴る。リルケ(1875‐1926)は自身がパリの現実に直面して受けた衝撃を、一詩人の内面告白という形でこうして形象化した。リルケの特質を最も明快に示す作品である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルテの手記
著作者等 Rilke, Rainer Maria
望月 市恵
リルケ
書名ヨミ マルテ ノ シュキ
書名別名 Marute no shuki
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1957 7刷
版表示 改版
ページ数 278p 図版
大きさ 15cm
ISBN 4003243218
NCID BN01029116
BN04074671
BN09996912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57008330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想