女子文かくしるべ

三山春次 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 総論 / 1
  • 第二 相手の人の身分に従ひ言を取捨文に斟酌をなすべきこと / 5
  • 第三 宛名の人、己、又は他の人に関係ある物の呼び方 / 7
  • 第四 時により文の長短その他に用意あるべき事 / 10
  • 第五 書簡文の首尾 / 12
  • 第六 時候の挨拶 / 14
  • 第七 吉凶の時の忌言葉 / 16
  • 第八 普通に誤り易き語法のかずかず / 18
  • 第九 文の認め方 / 26
  • 第十 封じ方 / 32
  • 第十一 端書の認め方 / 44
  • 第一 祝賀及見舞之部
  • 新年を賀する文 / 49
  • 同 返事 / 50
  • 寒中見舞の文 / 51
  • 同 返事 / 52
  • 結婚を祝する文 / 53
  • 同 返事 / 54
  • 卒業を祝ふ文 / 55
  • 同 返事 / 56
  • 学校の教師となりし友を祝ふ文 / 57
  • 暑中見舞の文 / 58
  • 同 返事 / 59
  • 大風見舞の文 / 60
  • 同 返事 / 61
  • 洪水見舞の文 / 63
  • 同 返事 / 64
  • 留守する友を見舞ふ文 / 65
  • 同 返事 / 66
  • 病気見舞の文 / 67
  • 同 返事 / 68
  • 病気全快を祝ふ文 / 69
  • 歳暮見舞の文 / 70
  • 同 返事 / 71
  • 出産を祝ふ文 / 72
  • 同 返事 / 73
  • 他郷にありて父母の安否を問ふ文 / 74
  • 第二 贈送之部
  • 梅の花を贈る文 / 77
  • 同 返事 / 78
  • 新茶を贈を文 / 79
  • 同 返事 / 80
  • 書物を贈る文 / 81
  • 同 返事 / 82
  • 写真を贈る文 / 84
  • 同 返事 / 86
  • 菓物を送る文 / 88
  • 同 返事 / 89
  • 依托せらし物を届くる文 / 90
  • 餞別を贈る文 / 92
  • 同 返事 / 94
  • 菊花を贈る文 / 96
  • 同 返事 / 97
  • 第三 勧誘招待之部
  • 骨牌会に友を招く文 / 99
  • 同 返事 / 100
  • 花見に友を誘ふ文 / 101
  • 同 返事 / 102
  • 節句に友を招く文 / 103
  • 同 返事 / 104
  • 東京の従妹を避暑に招く文 / 105
  • 同 返事 / 107
  • 観月に友を招く文 / 108
  • 同 返事 / 110
  • 蕈狩に友を誘ふ文 / 112
  • 祭礼に友を招く文 / 113
  • 同 返事 / 114
  • 田舎の従妹に来遊を促す文 / 115
  • 同 返事 / 117
  • 礼式の稽古を勧むる文 / 119
  • 同 返事 / 121
  • 第四 依頼請求之部
  • 買物を頼む文 / 123
  • 書物を借る文 / 123
  • 同 返事 / 125
  • 手伝を頼む文 / 126
  • 故郷の親に衣類の贈与を願ふ文 / 127
  • 奉公口の周旋を頼む文 / 128
  • 第五 報知問答之部
  • 転宅を報ずる文 / 130
  • 同 返事 / 131
  • 到着を報ずる文 / 133
  • 住所を問合する文 / 135
  • 同 返事 / 137
  • 人の様子を問合する文 / 138
  • 同 返事 / 140
  • 試験の期日を問合する文 / 142
  • 及第を報ずる文 / 143
  • 人の在否を問合する文 / 144
  • 同 返事 / 145
  • 病気を報知する文 / 147
  • 死亡を報ずる文 / 149
  • 第六 雑之部
  • 夫を失ひたる人に送る文 / 151
  • 忌明礼文 / 153
  • 兄を諫むる文 / 156
  • 久しく遇はざる友に送る文 / 160
  • 同 返事 / 162
  • 故郷の親に送る文 / 165
  • 遠国にある夫に送る文 / 167

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 女子文かくしるべ
著作者等 三山 春次
書名ヨミ ジョシ フミ カク シルベ
出版元 秀英舎
刊行年月 明34.10
ページ数 170p
大きさ 23cm
全国書誌番号
40081123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想