明治文章読本

細川潤次郎 閲・題 ; 日本文章学会 編

[目次]

  • 目次
  • 第一 憲法発布の告文勅語
  • 第二 連合艦隊司令長官の奉告 東郷平八郎
  • 第三 第三軍司令官復命書 乃木希典
  • 第四 霊鷹記 伊東巳代治
  • 第五 日本の水兵 小笠原長生
  • 第六 海軍戦死者を祭る文 東郷平八郎
  • 第七 波寧流女史を吊ふ 柴四郎
  • 第八 二松学舎生徒写真図の後に書す 三島毅
  • 第九 西郷隆盛に与ふる書 山県有朋
  • 第十 太政大臣を辞する表 三条実美
  • 第十一 明月 三宅雄次郎
  • 第十二 気運の変遷 島田三郎
  • 第十三 蝦夷地を乞ふの書 榎本武揚
  • 第十四 府県農事試験場国庫補助の儀に付き建議 前田正名
  • 第十五 西郷隆盛 尾崎行雄
  • 第十六 史学を論じて人の許に遣す文 竹越与三郎
  • 第十七 祖先教 穂積八束
  • 第十八 寸鉄集 徳富猪一郎
  • 第十九 札幌農科大学記念式辞 佐藤昌介
  • 第二十 修業鍛練 嘉納治五郎
  • 第二十一 日本帝国海上権力史講義序 小笠原長生
  • 第二十二 文章 矢野文雄
  • 第二十三 思想の中庸 福沢諭吉
  • 第二十四 手段と目的 徳富猪一郎
  • 第二十五 邦人の性格 姉崎正治
  • 第二十六 死と永生 高山林次郎
  • 第二十七 民族的の花(其の一) 井上哲次郎
  • 第二十八 民族的の花(其の二) 同
  • 第二十九 自然に対する五分時 徳富健次郎
  • 第三十 人生と四季 坪内雄蔵
  • 第三十一 大国民 竹越興三郎
  • 第三十二 巌谷小波に贈る 尾崎紅葉
  • 第三十三 春と秋 正岡子規
  • 第三十四 必死隊 桜井忠温
  • 第三十五 ふところ日記 川上眉山
  • 第三十六 文の妙所 森田思軒
  • 第三十七 ボアソナード氏を送る詞 井上毅
  • 第三十八 船津翁の碑 品川弥二郎
  • 第三十九 軍人への勅諭
  • 第四十 国体 三島通庸
  • 第四十一 萩の戸の月 小中村義象
  • 第四十二 振天府拝観の記 関根正直
  • 第四十三 英照皇太后陛下の御大葬を拝す 大和田建樹

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治文章読本
著作者等 日本文章学会
細川 潤次郎
細川潤次郎 閲・
書名ヨミ メイジ ブンショウ ドクホン
出版元 日本文章学会
刊行年月 明42.10
ページ数 250p
大きさ 23cm
全国書誌番号
40079976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想