学校制服の文化史 : 日本近代における女子生徒服装の変遷

難波知子 著

精選した写真・図版約100点。やせ細った学校観を実り豊かに耕し直す、清新な制服史論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 描かれた和装と描かれなかった鹿鳴館洋装-一八八〇‐一八九〇年代における女子生徒服装:女子学校制服成立前史(鹿鳴館の夜会における女性の洋装-洋装の政治的背景
  • 宮中における礼服の制度-近代天皇制と女性の服制
  • 女学校における洋装の展開 ほか)
  • 第2部 描かれた袴と描かれなかった改良服-一九〇〇‐一九一〇年代における女子生徒服装:女子学校制服の成立(女子生徒の誕生-女子教育と服装の関係
  • 改良服の考案・批判・実践
  • 女子学校制服の成立-規制・一元化への取り組み ほか)
  • 第3部 描かれた制服と描かれなかった標準服-一九二〇‐一九三〇年代における女子生徒服装:女子学校制服の変容(第一次世界大戦と女子教育
  • 生活改善運動-文部省主催の各種展覧会と生活改善同盟会の結成
  • 一九二〇年代における服装様式の転換-袴から洋服へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校制服の文化史 : 日本近代における女子生徒服装の変遷
著作者等 難波 知子
書名ヨミ ガッコウ セイフク ノ ブンカシ : ニホン キンダイ ニ オケル ジョシ セイト フクソウ ノ ヘンセン
出版元 創元社
刊行年月 2012.2
ページ数 331, 52p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-21014-8
NCID BB08139923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22075727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想