開かれた処女地  第2部

ショーロホフ 著 ; 樹下節 訳

[目次]

  • 第一章 ポロフツェフ一党にひびわれが / 9
  • 第二章 発覚をおそれて母親に永遠の沈黙を / 18
  • 第三章 恋の破局を希いかつ恐れて…… / 27
  • 第四章 雄鶏を買いしめるナグリノフの奇行 / 42
  • 第五章 含みのある薄野呂馭者の打明話 / 59
  • 第六章 憩いの一刻をおしゃべりにすごして / 78
  • 第七章 可愛いワーリャよ何故に泣く? / 87
  • 第八章 はるばると活を入れにやってきた男 / 100
  • 第九章 何者かの狙撃に遭うナグリノフ / 127
  • 第十章 重大事実がシャールイ老人の口から / 146
  • 第十一章 女たちの寵児チモフェイの最後 / 171
  • 第十二章 ルーシカの出奔・ダヴィドフの未練 / 181
  • 第十三章 非協力なコザック達の心の底に / 188
  • 第十四章 おずおずと提出された三通の申込書 / 212
  • 第十五章 トウビャンスコイ部落との紛争 / 224
  • 第十六章 犬皮のあらたかな霊験に我を忘れて / 232
  • 第十七章 学校授業の参観・機関銃の発見 / 247
  • 第十八章 曠野に耽るシチュカリの哲学的思索 / 261
  • 第十九章 シチュカリ一世一代の色恋口舌 / 277
  • 第二十章 ある目的を秘めた家畜商人達の訪れ / 292
  • 第二十一章 鳩の御入来に思いは遠く過去へ / 302
  • 第二十二章 入党式席上でシチュカリの大立廻り / 314
  • 第二十三章 哄笑と自信に溢れた会議の中で / 340
  • 第二十四章 可憐なワーリャも思いつめた挙句に / 358
  • 第二十五章 農学校へと出でたつ花嫁の門出 / 376
  • 第二十六章 ルキッチ家訪問の家畜商人消される / 391
  • 第二十七章 ラズミョートノフのお義理結婚 / 409
  • 第二十八章 とある一日の大小さまざまな出来事 / 414
  • 第二十九章 ドンをおおう歎きの歌をこえて / 426
  • 訳者のあとがき / 441

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 開かれた処女地
著作者等 Sholokhov, Mikhail Aleksandrovich
樹下 節
ショーロホフ
書名ヨミ ヒラカレタ ショジョチ
書名別名 Hirakareta shojochi
巻冊次 第2部
出版元 理論社
刊行年月 1960
ページ数 445p
大きさ 18cm
全国書誌番号
60011981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想