太古からの9+2構造 : 繊毛のふしぎ

神谷律 著

体には無数の毛がある。心臓、肝臓、腎臓から脳まで繊毛という毛が生えている。生命の始まりからあらゆる生き物が受けついできたなくてはならない毛だ。しかも、どの毛も9本の管からできている。その謎解きについて書かれた初めての本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-謎だらけの繊毛
  • 2 繊毛の起源をめぐって
  • 3 9+2構造
  • 4 中心子のマジックナンバー「9」
  • 5 繊毛はどうやって作られるのか
  • 6 驚くべき運動のしくみ
  • 7 目的にかなった運動調節
  • 8 繊毛運動による体作り
  • 9 繊毛は細胞のアンテナ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太古からの9+2構造 : 繊毛のふしぎ
著作者等 神谷 律
書名ヨミ タイコ カラノ 9 + 2 コウゾウ : センモウ ノ フシギ
書名別名 Taiko karano 9 + 2 kozo
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 189
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.2
ページ数 117p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029589-5
NCID BB0821878X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22065468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想