旅は道づれガンダーラ

高峰秀子, 松山善三 著

炎暑と砂塵に明け暮れた日々は、辛かったけれども無性に懐かしい。呆然として立ちつくすしかなかった広大な沙漠、圧倒的迫力の遺跡と美術品、素朴な暮しを営む遊牧民、子供たちのつぶらな瞳…。映画監督と女優の夫妻が新鮮な感動を綴るガンダーラ旅行記。巻末に「人間への限りない愛と畏れ-亡き母・高峰秀子に捧ぐ」(斎藤明美)を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1便 クシャーン遺跡への旅
  • 2便 アフガニスタン砂嵐
  • 3便 マザリ・シャリフの銀の月
  • 4便 幻想のグレコ・バクトリア
  • 5便 ガンダーラの子供たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅は道づれガンダーラ
著作者等 松山 善三
高峰 秀子
書名ヨミ タビ ワ ミチズレ ガンダーラ
書名別名 Tabi wa michizure gandara
シリーズ名 中公文庫 た46-5
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.1
版表示 改版
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205591-9
NCID BB0825199X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22074511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想