民主主義はやっぱり最高の政治制度である = Democracy As The Best Political System, Still, Ever Invented

橋爪大三郎 著

陳腐で凡庸な民主主義が、なぜやっぱり「最高」なのか!毎日懸命に働いて社会を支えている「普通の人びと」に、今こそ伝えたい「民主主義の使い方」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民主主義原論
  • 9・11テロは、世界を変えたか
  • 一神教と西欧文明をどう見るか
  • 同時多発テロと国家の再定義
  • 愛国心の根拠は何か
  • 日本人にとって「天皇」とは何か?
  • 米・中・日三国の社会とその比較
  • 日中関係は米中関係の従属変数である
  • 二大政党と自民党の行方
  • 「法の支配」と憲法
  • 「3.11」とこれからの日本
  • 日本に有能な政治家がいないわけ
  • 東京裁判は政治ショーだったのか
  • 日本の政治はなぜ、機能不全に陥っているのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民主主義はやっぱり最高の政治制度である = Democracy As The Best Political System, Still, Ever Invented
著作者等 橋爪 大三郎
書名ヨミ ミンシュ シュギ ワ ヤッパリ サイコウ ノ セイジ セイド デ アル
書名別名 Democracy As The Best Political System, Still, Ever Invented

Minshu shugi wa yappari saiko no seiji seido de aru
出版元 現代書館
刊行年月 2012.1
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-5675-0
NCID BB08095001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22040507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想